有料会員限定

中国テックと連携「3つの秘訣」 現地イノベーション支援のプロが伝授

印刷
A
A

先端技術や巨大市場を狙って中国企業と組むケースが増加。失敗しない“お作法”とは。

伸び盛りの中国テック企業と日本企業が手を組むケースが目立ってきた。

2020年4月、ソニーは中国の動画配信サービス大手ビリビリに約436億円を出資し、同社の約5%の株式を取得すると発表。アニメやモバイルゲームなど、中国のコンテンツ・エンターテインメント分野での協業を目指す。ほかにもみずほ銀行やテルモ、トヨタ自動車など、近年の日中連携の例は枚挙にいとまがない。

大手に限らず、日本企業が中国テック企業と連携するうえでは大きく3つの形がある。

まずは中国テック企業に投資するVC(ベンチャーキャピタル)ファンドへの出資を通じて、中国のスタートアップかいわいのコミュニティーに入っていくやり方だ。米シリコンバレーでは4~5年ほど前から、日本企業が現地のVCファンドに出資する動きが多く見られるようになった。その流れが今、中国でも起きつつある。

中国スタートアップのコミュニティーへの入り口。中国では投資家向けプレゼンテーションが頻繁に実施される

特集「デジタル大国 中国」の他の記事を読む

トヨタ自動車はCATLなど中国の電池関連企業と相次いで提携。写真は中国で展開するプラグインハイブリッド車
先端技術を日本で展開すべく中国企業と連携亮亮視野(LLVision)が手がけるAIとAR(拡張現実)技術を使ったスマートグラス。富士通系のPFUをはじめ、複数の日本企業が先端技術を求めて連携を模索

みずほやテルモも出資

直近の代表的な例は、みずほ銀行と第一生命保険による「アジアのシリコンバレー」深圳のVCファンドへの出資。医療機器大手のテルモも、上海の医療関連VCファンドへの出資を9月に発表したばかりだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
デジタル大国 中国
中国のデジタル化は新ステージへ
中国で暮らす日本人に聞きました
米国が恐れる「智能化戦争」の正体
米ドルに取って代わることはできるのか
現地駐在員10人に聞いた
特別対談|アジア・パシフィック・イニシアティブ 徳地立人 × 神戸大学 梶谷 懐
ソフトバンクGの中国リスク
スター企業が上場ラッシュ
飛躍するデジタル企業
現地イノベーション支援のプロが伝授
ユニクロ、パナソニック、京セラ
パナソニック中国事業のキーマン激白
宅配サービスの美団と低価格ECの拼多多が挟撃
1~3次産業をデジタル化し生産性向上
「財新」のテック業界デスクが解説
デジタル大国中国
日本企業は「秒速」の中国に追いつけるか
虎の尾を踏んだジャック・マー
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内