有料会員限定

加速する新興国のDX 中国のデジタル化は新ステージへ

印刷
A
A

「飛び越え」型発展を新興国にもたらすデジタル化。日本は何をするべきか。

中国のネット企業は新興国市場を開拓する。写真はマレーシアのコンビニ店頭(新華社/アフロ)

特集「デジタル大国 中国」の他の記事を読む

2010年代の中国に生じた最大の変化はデジタル化だった。経済成長率が低下し、改革が停滞する中でも中国経済の変貌は続いた。デジタル化の以前と以後で、中国の生活、産業、社会が一変したからだ。

生活面ではキャッシュレス決済やフードデリバリーが普及し、金融から医療、そして物流分野にまで新サービスが広がった。GAFAに並ぶ企業としてアリババ、テンセントの台頭が見られ、行政手続きの電子化も進み、生活の利便性は格段に向上した。しかしデジタル化はグローバルな現象であり、ほかの新興国でも地殻変動は進む。「デジタル中国」はどこまでが新興国的な現象で、どこからが中国独自の現象なのか。

国際比較の視点から見てみよう。下図は横軸に1人当たりGDP(対数値)を、縦軸にインターネットを通じた支払い・購入の経験を持つ人の比率を取ったものだ。円の大きさが人口規模を示す。中国は中所得国に位置するが、発展水準に比べてデジタル化は進んでいる。何よりもその人口規模のインパクトは大きい。データ取得時点の17年からの進展も著しい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
デジタル大国 中国
中国のデジタル化は新ステージへ
中国で暮らす日本人に聞きました
米国が恐れる「智能化戦争」の正体
米ドルに取って代わることはできるのか
現地駐在員10人に聞いた
特別対談|アジア・パシフィック・イニシアティブ 徳地立人 × 神戸大学 梶谷 懐
ソフトバンクGの中国リスク
スター企業が上場ラッシュ
飛躍するデジタル企業
現地イノベーション支援のプロが伝授
ユニクロ、パナソニック、京セラ
パナソニック中国事業のキーマン激白
宅配サービスの美団と低価格ECの拼多多が挟撃
1~3次産業をデジタル化し生産性向上
「財新」のテック業界デスクが解説
デジタル大国中国
日本企業は「秒速」の中国に追いつけるか
虎の尾を踏んだジャック・マー
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内