有料会員限定

デジタル人民元の未来 米ドルに取って代わることはできるのか

印刷
A
A

日米欧が警戒するデジタル人民元の実用化。その可能性と限界とは。

深圳市でのデジタル人民元実験風景(Imaginechina/時事通信フォト)

特集「デジタル大国 中国」の他の記事を読む

10月14日、広東省深圳市の「経済特区設立40周年」記念式典に習近平国家主席が出席するのに合わせ、世界が注目する、あるイベントが同市で始まった。デジタル人民元の実証実験だ。

抽選で市民5万人に200元(約3000円)のデジタル人民元が配られ、当選者はスーパーや飲食店での支払いに使用。スマートフォンの専用ウォレットアプリの使い勝手は、中国国内で普及するスマホ決済「アリペイ」「ウィーチャットペイ」とそっくりで、1週間の実験は滞りなく終わった。政府は2022年の北京冬季五輪までに正式発行を始める計画だ。

「深圳は、テクノロジーや産業のイノベーションで世界の主導者たれ」。記念式典での習氏の演説は、国家によるデジタル通貨への期待の表れでもあった。米中対立が進む中、基軸通貨である米ドルの脅威になるのではないかとの見方が出ている。

デジタル人民元の未来はどうなるのか。その等身大の姿に迫っていこう。

デジタル人民元は通常のスマホ決済と同様、エンドユーザーが銀行口座から一定の金額をウォレットにチャージして使う。携帯電話の通信が使えなくても、エンドユーザー同士で端末を近づければデジタル人民元のやり取りができる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
デジタル大国 中国
中国のデジタル化は新ステージへ
中国で暮らす日本人に聞きました
米国が恐れる「智能化戦争」の正体
米ドルに取って代わることはできるのか
現地駐在員10人に聞いた
特別対談|アジア・パシフィック・イニシアティブ 徳地立人 × 神戸大学 梶谷 懐
ソフトバンクGの中国リスク
スター企業が上場ラッシュ
飛躍するデジタル企業
現地イノベーション支援のプロが伝授
ユニクロ、パナソニック、京セラ
パナソニック中国事業のキーマン激白
宅配サービスの美団と低価格ECの拼多多が挟撃
1~3次産業をデジタル化し生産性向上
「財新」のテック業界デスクが解説
デジタル大国中国
日本企業は「秒速」の中国に追いつけるか
虎の尾を踏んだジャック・マー
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内