フェイスブック 独走への次の一手


 急成長するフェイスブックへは、これまでも複数のベンチャーキャピタル(VC)が出資してきた。が、「一部、無名のVCによる売名行為もあった」(業界関係者)。今回のゴールドマンの出資額はケタ違いで、これがフェイスブックのターニングポイントとなる可能性は大きい。

ゴールドマン出資で強まるIPO圧力

ゴールドマンの計画では、フェイスブック株式を新設会社「FBDCインベスターズ」を通じて、顧客へ販売。その売却額は15億ドル程度とみていた。ところが、今月11日の応募締め切りまでに、予想をはるかに超える数十億ドル相当の買い注文が殺到。予定より早めに応募が締め切られたほど、今やフェイスブックに対する投資家の関心は高い。

米証券取引委員会(SEC)の規則では、未公開企業でも投資家が500人を超えた場合、財務内容を公開する義務がある。今回のゴールドマンの動きで投資家が増えることは確実。FBDCインベスターズをめぐっては、フェイスブックの財務内容公開を避けるためのトンネル会社との見方も浮上しており、SECが調査を開始。ある投資家は「投資家が500人を超えれば、いよいよ新規株式公開(IPO)への圧力も強まるだろう」と期待を寄せる。

熱狂が高まる一方で、冷静な見方もある。今回の事情に詳しい仏大手企業のM&A担当者によると、「ゴールドマン以外の投資会社は出資を断っている。ゴールドマンでも出資をめぐり意見が二分していた」。

SNSの覇権争いは激しく、かつて圧倒的な人気を集めた「マイスペース」も最近では売却報道が出ている。フェイスブックは成長を続けられるか不透明だ。そこで、グーグルの技術者を高給で引き抜くなど、「次の段階」へ向かって着々と歩を進めている。その一つとされるのが、「フェイスブックフォーン」なる携帯電話。米報道によると、2年前から香港の大手キャリア、ハチソン・ワンポアの子会社と共同開発。今年春から夏をメドに欧米での発売を見込んでいるという。技術を擁したハイテク企業への脱皮を図ろうとすれば、そこにはアップルやグーグルとの衝突が待っている。

(ジャーナリスト Ayako Jacobsson(在シリコンバレー) =週刊東洋経済2011年1月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT