有料会員限定

構造改革に政治生命賭す菅氏の執念 持てる政治力を経済回復に傾注する

✎ 1〜 ✎ 280 ✎ 281 ✎ 282 ✎ 最新
拡大
縮小

改革の推進には政治生命を懸ける覚悟と執着心が必要。それを菅氏は持っている。

縦割り行政を打破できるか(写真はデジタル改革関係閣僚会議で発言する菅義偉首相)(毎日新聞社/アフロ)

9月16日に菅義偉内閣が誕生して2週間余が経つ。報道各社による世論調査の内閣支持率は、朝日新聞65%、毎日新聞64%、読売新聞74%、日本経済新聞74%、共同通信社66.4%であり、極めて高い。自民党支持率も各社軒並み50%超に達した。

この世論調査が示す意味は、7年8カ月に及んだ安倍晋三前首相個人には飽きがきたが、安倍政権の経済・外交政策は基本的に評価しているということである。と同時に、後継首相である菅氏の「苦労人」「たたき上げ」というイメージが、3代にわたる政治家一族の安倍氏のそれとの対比で好感されたのである。もちろん、「貧しいイチゴ農家生まれ」「高校卒業後、集団就職」「法政大学夜間部」などは誇張されたサクセスストーリーだ。

菅氏は安倍政策の継承を前面に押し立てて自民党総裁選挙を戦い、勝利して首相の座を射止めた。とはいえ、菅氏が安倍氏の下で内閣官房長官在任中に規制緩和、業界再編、生産性向上など構造改革推進の必要を自覚し、いつの日か自らの手で実現したいという熱い思いを秘めていたのは事実である。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内