有料会員限定

今さら聞けない大統領選Q&A 投票日はなぜ火曜?

印刷
A
A

大統領選挙や連邦議会選挙の仕組みなどをQ&A形式でまとめた。

2016年大統領選での投票所(ミシシッピ州)(AP/アフロ)

特集「アメリカの新常識」の他の記事を読む

Q1. 大統領はどうやって選ばれる?

米国の大統領選挙は4年に一度行われる。選挙運動は1年超に及ぶ耐久レース。各党が予備選挙で候補者を1人に絞り込み、夏の党全国大会で正式に指名された候補者が本選挙に向けテレビ討論会などで争う。事実上は民主・共和両党候補の一騎打ちだが「第3の候補」が出馬することもある。

11月の投票日には、18歳以上の登録済み有権者が各党候補に投票(一般投票)し、各州で最も多い票を集めた候補がその州に割り当てられた「選挙人」をすべて獲得する「勝者総取り」方式を取る(2州を除く)。全米の選挙人538人の過半数270人以上を獲得した候補が当選となる。

各州の選挙人は人口に応じて配分されており、選挙人の多い州を制することが重要だ。ただ、多くの州は両党の優劣がはっきりしているため、勢力が拮抗している接戦州が勝敗のカギを握る。全米の総得票数で上回っても、接戦州で敗北すれば選挙に負ける場合もある。前回選挙ではクリントン氏が得票率でトランプ氏を2.1ポイント上回ったが、獲得選挙人数で232対306と大敗した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカの新常識
映画・ドキュメンタリーで学ぶ
なぜ「国民皆保険」は難しい?
異色のVCが目指すもの/バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
「ここから出て行け、国に帰れ」
Part4 分断社会の行方
IT、自動車、食糧…
民主党政権なら規制強化も
まだ譲らないが長期低落傾向
Part3 米国経済のニューノーマル
米中どちらと共に歩む?
北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国
佐藤 優 が解説|中東、中国…変わる外交のリアリズム
インタビュー/米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
Part2 混迷する外交
投票日はなぜ火曜?
インタビュー/米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
アメリカ国民は何を思う?
インタビュー/日本総合研究所会長 寺島実郎
Part1 異例ずくめの大統領選挙
アメリカの新常識
「バイデン勝利」で何が変わるか?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内