有料会員限定

長びく米韓のすれ違い 北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国

印刷
A
A

北朝鮮の存在をにらみ、米韓同盟は変質する可能性がある。

2019年6月の米朝首脳会談で、仲介者役をアピールした文在寅大統領(右)(朝鮮通信=時事)

特集「アメリカの新常識」の他の記事を読む

核開発を進める北朝鮮に対し米オバマ前政権の関心は薄かったが、トランプ大統領は果敢に攻めた。初となる2018年の米朝首脳会談以来、3回の会談を行った。「とても気持ちが合う」(トランプ大統領)、「不思議なほど仲がよい」(北朝鮮・崔善姫(チェソンヒ)第1外務次官)と評されるまでにトップ同士の仲は深まったが、国家間交渉では対立したまま。核問題も膠着状態が続く。

南北の平和共存を目指す韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、トランプ政権の下で米朝首脳の親密さを利用しようとした。しかし、トランプ大統領は韓国には冷ややかだ。就任1年目には、12年発効の米韓FTA(自由貿易協定)の再交渉を迫ったこともあった。現在は在韓米軍の駐留費負担の増大を求めて、韓国を困惑させ続けている。

日米同盟と米韓同盟は、東アジアの安定のカギだ。トランプ大統領は日本にも米軍駐留費の負担引き上げを要求しているが、日米間の交渉と比べると韓米にはスムーズさが見られない。下表のように、北朝鮮の軍事力に対峙するうえで3万人の米兵も十分な抑止力になっているのに、韓国側の負担があまりに小さいというのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカの新常識
映画・ドキュメンタリーで学ぶ
なぜ「国民皆保険」は難しい?
異色のVCが目指すもの/バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
「ここから出て行け、国に帰れ」
Part4 分断社会の行方
IT、自動車、食糧…
民主党政権なら規制強化も
まだ譲らないが長期低落傾向
Part3 米国経済のニューノーマル
米中どちらと共に歩む?
北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国
佐藤 優 が解説|中東、中国…変わる外交のリアリズム
インタビュー/米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
Part2 混迷する外交
投票日はなぜ火曜?
インタビュー/米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
アメリカ国民は何を思う?
インタビュー/日本総合研究所会長 寺島実郎
Part1 異例ずくめの大統領選挙
アメリカの新常識
「バイデン勝利」で何が変わるか?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内