有料会員限定

「13指標で分析するとバイデンが必ず勝つ」 インタビュー/米アメリカン大学教授 アラン・リットマン

印刷
A
A

「大統領選のノストラダムス」が断言

米アメリカン大学教授 アラン・リットマン/Allan Lichtman 1973年、ハーバード大学で博士号取得。現在、アメリカン大学栄誉教授(米現代史など)。大統領選の独自分析手法を構築。トランプ氏の勝利を予測し、話題に。著書にPredicting the Next President: The Keys to the White House(『次期大統領の予測:ホワイトハウスへのカギ』未邦訳)。(©️Sam Lichtman)

特集「アメリカの新常識」の他の記事を読む

「大統領選のノストラダムス」──。ニューヨーク・タイムズ紙は歴史学者のアラン・リットマン氏をこう称している。しかし、人類滅亡の予言とは違い、同氏の予測は当たる。1984年のレーガン大統領再選から2016年のトランプ氏当選まで、独自の13指標に基づく予測によってすべて言い当ててきた。注目の最新予測は「バイデン勝利」。その根拠を聞いた。

──「ホワイトハウスへの13のカギ」とは何ですか。

米大統領選挙は政権党の強さや実績への信任投票だという見方に基づき、考え出した指標だ。世論調査も選挙戦も関係ない。現職大統領の強さや実績を13指標で分析した全体像が重要だ。

その13の指標とは、以下のとおり。①中間選挙で与党が勝った。②現職大統領の党候補指名に挑む候補がいない。③現職が再選を目指す選挙である。④第3党候補者がいない。⑤経済の短期予測が良好である。⑥経済の長期予測が良好である。⑦前政権時から政策を大きく転換した。⑧社会不安がない。⑨スキャンダルと無縁である。⑩外交・軍事政策で大きな失敗がない。⑪外交・軍事政策で大きな功績を上げた。⑫現職にカリスマ性がある。⑬対立候補にカリスマ性がない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカの新常識
映画・ドキュメンタリーで学ぶ
なぜ「国民皆保険」は難しい?
異色のVCが目指すもの/バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
「ここから出て行け、国に帰れ」
Part4 分断社会の行方
IT、自動車、食糧…
民主党政権なら規制強化も
まだ譲らないが長期低落傾向
Part3 米国経済のニューノーマル
米中どちらと共に歩む?
北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国
佐藤 優 が解説|中東、中国…変わる外交のリアリズム
インタビュー/米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
Part2 混迷する外交
投票日はなぜ火曜?
インタビュー/米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
アメリカ国民は何を思う?
インタビュー/日本総合研究所会長 寺島実郎
Part1 異例ずくめの大統領選挙
アメリカの新常識
「バイデン勝利」で何が変わるか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内