有料会員限定

日本は「踏み絵」を迫られる 米中どちらと共に歩む?

印刷
A
A

米国の対中姿勢の硬化は当初、日本にとって望ましかった。しかし、覇権争いに発展した今では、中国ビジネスの見直しを迫られかねない。

「後任の総理大臣も、日米同盟を強化していくことに変わりはないので安心してもらいたい」。8月28日の辞意表明の後、安倍晋三首相はトランプ米大統領と電話で会談し、そう伝えた。

「不動の日米安全保障条約」という意味では確かに安倍首相の言うとおりだろう。しかし、そこに「経済」という軸が加わった途端、事態は一気に複雑化する。

中国経済に大きく利益を依存する日本企業が多い中で、米中新冷戦時に日本はどちらへ顔を向けてビジネスを進めればいいのか。中国向け半導体受託生産をめぐって米国が台湾と韓国に圧力をかけたように、日本も中国ビジネス縮小の「踏み絵」を迫られないか。目下、経済界最大の悩みはこれだ。ポスト安倍政権はこの答えを持ち合わせているだろうか。

下表のように第2次安倍政権以降の日米関係では、前半は日本にとって冬の時代だった。

特集「アメリカの新常識」の他の記事を読む

安倍首相が2度目の自民党総裁就任を決めた2012年9月、日本政府が尖閣諸島の国有化を実行したことで、中国各地で反日デモが拡大した。12年11月には習近平氏が中国最高指導者に就任。日本周辺での中国艦艇の示威的行為が拡大し、国際法を逸脱する東シナ海防空識別区が設定された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカの新常識
映画・ドキュメンタリーで学ぶ
なぜ「国民皆保険」は難しい?
異色のVCが目指すもの/バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
「ここから出て行け、国に帰れ」
Part4 分断社会の行方
IT、自動車、食糧…
民主党政権なら規制強化も
まだ譲らないが長期低落傾向
Part3 米国経済のニューノーマル
米中どちらと共に歩む?
北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国
佐藤 優 が解説|中東、中国…変わる外交のリアリズム
インタビュー/米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
Part2 混迷する外交
投票日はなぜ火曜?
インタビュー/米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
アメリカ国民は何を思う?
インタビュー/日本総合研究所会長 寺島実郎
Part1 異例ずくめの大統領選挙
アメリカの新常識
「バイデン勝利」で何が変わるか?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内