有料会員限定

半導体の収益が改善せず、東芝「車谷改革」の憂鬱 厳しい局面が続く

印刷
A
A

東証1部復帰を目前に控え、デバイス部門の切り離しが焦点に。

車谷改革の効果が出てきた東芝だが、厳しい局面はまだ続きそうだ(撮影:尾形文繁)

特集「電機の試練」の他の記事を読む

経営再建中の東芝が業績を急改善させた。6月5日に発表した2020年3月期連結決算は、米国のLNG(液化天然ガス)事業の売却損などで1146億円の最終赤字だったが、本業の儲けを示す営業利益は前期比3.7倍の1305億円を達成。インフラ系が堅調だったほか、パソコンなど不採算案件の売却やリストラ効果で大幅増益となった。

車谷暢昭社長兼CEOは「新型コロナの影響は限定的だった」と総括。ポートフォリオをインフラ中心に再構築したことで、景気がダウントレンドになっても落ち込みを小さくできているという。

もっとも営業利益率はわずか3.8%とまだ低い。不正決算や米国の原発子会社の巨額損失で上場廃止の瀬戸際に追い込まれてから3年。ようやく再出発のスタート地点に立ったにすぎない。

前期はその経営再建計画「東芝ネクストプラン」の1年目だった。53年ぶりの外部トップで三井住友銀行出身の車谷社長にとって初めての通信簿でもある。だが、コロナの影響で営業利益は目標に100億円ほど届かなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電機の試練
企業再生のプロが語る電機の未来
インタビュー/村田製作所 専務(次期社長) 中島規巨
日本勢が強い最先端の電子部品
インタビュー/オムロン 社長 山田義仁
インタビュー/安川電機 社長 小笠原 浩
インタビュー/ディスコ 社長 関家一馬
半導体製造装置、工作機械の前途
インタビュー/テルモ 社長 佐藤慎次郎
インタビュー/コニカミノルタ 社長 山名昌衛
インタビュー/富士フイルムホールディングス 会長兼CEO 古森重隆
Part3 コロナ後の勝機
電機・精密291社を点検
著名アナリストが読み解くソニーとパナの課題
「コンサル強化」は手遅れか
産メカへの集中が裏目に、“優等生"三菱電機の誤算
ジリ貧になりかねない
インタビュー/日立製作所 社長兼CEO 東原敏昭
コロナ禍によって誤算が相次いでいる
「金融やエンタメにも研究開発を広げていく」
【拡大版】インタビュー/ソニー 副社長 勝本 徹
Part2 改革は進むか
合従連衡がたどる茨の道
インタビュー/東芝 社長兼CEO 車谷暢昭
厳しい局面が続く
コロナ後の業績回復はできるか
見つめていたのは「人」
Part1 揺れる名門
電機の試練
浮沈を決めるアフターコロナ戦略
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内