有料会員限定

"銀座のユダヤ人"藤田田、1984年の怪気炎 日本のハンバーガー文化はここから生まれた

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

2月13日、日本マクドナルドは2020年12月期の連結営業利益が前期比4%増の290億円になる見通しを発表した。これは2011年12月期以来、9年ぶりの営業最高益。これはマック復活を印象づけるものだ。

このマック。日本市場における生みの親は、藤田田(ふじたでん)氏(1926-2004)であることを知らない人も増えているようだ。藤田氏は強烈な個性を放つ輸入事業者で、著書『ユダヤの商法』でも知られる。同書を読んだ高校生の孫正義少年は感動のあまり、アポなし上京訪問を試みたが会えなかった、というエピソードもある。のちに孫氏に請われてソフトバンクの社外取締役も務めた。昭和59(1984)のインタビュー企画に登場した藤田氏。タイトルは「”ハンバーガー世代”を生み出し次に狙うは西暦2000年の5000億企業」。この男を知らずして、マックを語ることはできない。

「週刊東洋経済」1984年7月28日号

特集「覧古考新」の他の記事を読む

「週刊東洋経済」1984年7月28日号

 

次に狙うは西暦2000年の5000億企業

13年前、「ハンバーガーを1000億円売ってみせる」(藤田田社長)と豪語して、東京・銀座の三越前に日本マクドナルドの第1号店をオープンした時、周囲は「あんなもの3週間でつぶれる」と藤田田社長を嘲笑したという。ところがどうだろう。その後の日本マクドナルドは、ハンバーガーの立ち食いはナウい、との意識を日本中の若者に植え付け、57年にはついに外食企業第1位の座についたほか、今年は売り上げ1000億円達成も確実にしている。いったいその成功の秘密は何なのだろうか。

 

――日本マクドナルドは昭和46(1971)年5月、米国マクドナルド社(出資比率50%)、藤田商店(同25%)第一屋製パン(同25%)の3社合併で設立した会社(第一屋製パンの株は後に藤田商店が全額買収)。現在の一方の出資者である藤田商店は、藤田社長が東大在学中に設立した会社で、長い間、高級雑貨の輸出入を行っている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内