有料会員限定

トヨタ石田退三会長が恐れた「資本自由化」 1965年5月1日号「この人にこの問いを」

印刷
A
A
「週刊東洋経済」1965年5月1日号に掲載された3ページのインタビュー

特集「覧古考新」の他の記事を読む

外資の国内市場参入が自由化されたのが1965年のこと。これを前にして、通産省は外資に対抗できるだけの力を付けさせようと、さまざまな業界に対して再編・合併の指導に乗り出す。
しかし、当時の自動車業界の顔役であった石田退三氏は、この圧力をはね除ける。「あなたがた経済雑誌だって何種類もの競合雑誌があって、お互いに競争しているから、いい雑誌ができる。自動車業界だけが、車種調整だの、合同だのと言われても、簡単にできるわけがないでしょう」「ダンゴとモチをこね合わせるようなもので、合併後にくる混乱のほうが、私はこわい」と語っている。
結果として、多くの企業が独立企業として残った日本の自動車メーカーだが、今では多くのメーカーが独立系ではなくなった。結局は「ダンゴとモチ」をこね合わせる必要が出てきた、といえるのかもしれない。

 

業界の再編成は難しい、ルールにのっとった自由競争を

自由化はまだ早い

――乗用車の自由化は、どうやら9月1日実施の線が濃いようですね。石田さんはかねてから、自由化尚早論を唱えておられましたが、もはや9月実施もやむなし、ということで、先日トヨタ系関係会社の幹部の方々を集めて、だいぶハッパをかけられたそうですね。

石田 日本の運命として、いずれは自由化しなければならないでしょうが、ただ、部品工業や販売店を含めて考えた場合、すでに自由化態勢は整ったと言えるかどうか。これはむしろあなたがたが判断してほしい。

――しかし、最近は自動車の輸出も、ずいぶん伸びているようですね。採算はともかく……。

石田 確かに輸出は増えてきました。昔は、機械のなかで紡織機の輸出が一番多いと、ハナを高くしていたんですが、いまでは自動車のほうが段違いに多くなった。だが、それでは生産の何割を輸出しているかというと、まだ自動車は微々たるものです。そこになお時期尚早の点がありはしないか。

しかも、採算がよくない。繊維機械のほうは、日本の紡績業があんな状態ですから、どうしても海外に出なければ自分たちの明日の仕事がない。そこでいろいろ苦労もして、いまでは十分利益のある輸出をしております。ところが、自動車のほうは、そこまでなかなか行っていないような気がします。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内