有料会員限定

キヤノン御手洗毅社長「問題は工作機械だ」 1953年9月19日号で語ったドイツとの比較

印刷
A
A
「東洋経済新報」1953年9月19日号

特集「覧古考新」の他の記事を読む

吉田五郎や内田三郎らが創設した精機光学研究所(現キヤノン)に共同経営者として参画したのが、産婦人科医だった御手洗毅氏(1901 - 1984)。戦時中にシンガポールに赴任した内田氏から留守中の経営を任されたのを機に、御手洗氏は同社の経営を掌握。戦後の躍進期に長く社長を務めることになった。今回紹介するのは、家族主義、実力主義を標ぼうするなど、先進的な経営で知られていた御手洗氏への1953年におけるインタビューである。「カメラの心臓部であるレンズでは、ドイツに絶対に負けない」「工作機械など日本では大多数が戦争前のもので精度が落ちる。新鋭機を輸入しなければ、海外製品を追い抜くことは困難」と率直に語っている。

 

本社 本日は復興西ドイツの実情、中でもカメラ工業の実情とか、経営者の態度とか、労資間の問題、向こうの技術水準や、産業政策などについて、いろいろお話を願いたいと思うのですが……。

御手洗 私はドイツを主として、自分の関係の工場、会社を見学してきました。したがって、2、3年もおる人の目に映るのと、多少違いがあるかもしれません。

ライカを探る

単純組合はない

御手洗 まず、私どもに関係の最も深いカメラの話ですが、ご承知のようにドイツはカメラの本場といいますか、発祥地です。戦後日本のカメラも急速に躍進して、海外からも好評をえていますが、実際はドイツに比べはたしてどうか。その点、とくに注目されるのが、私どもの製品に最も類似し、国際競争の好敵手であるライツ社のカメラ、ライカです。

そこでライツ社ですが、お会いしたのは社長の弟さんの副社長でしたが、結局お兄さんが留守であるのと社則からもカメラ部門は遠慮してもらいたいということで、見学は光学部門だけにとどまりました。しかし、その間見たり、聞いたりのあいだに、種々教えられるところが、多大でした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内