有料会員限定

日本の海運業界が描く2つの脱炭素化シナリオ Part2 海運 脱炭素化で船舶が大激変

印刷
A
A

船舶燃料の脱炭素化が最重要課題。LNGシフトが進み、水素、アンモニアなどが次の候補だ。

日本郵船が発表した脱炭素化の実現に向けた環境コンセプト船「NYKスーパーエコシップ2050」。再エネ由来の液化水素燃料電池を使用する(提供:日本郵船)

特集「船・港 海の経済学」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年2/22号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

地球温暖化への対策が急務となる中で、海運や船舶のあり方が大きく変わろうとしている。100年以上にわたって主流となってきた重油などの石油系燃料から、温室効果を持つ二酸化炭素(CO2)の排出が相対的に少ないLNG(液化天然ガス)への転換が急速に進みそうだ。その先は、水素やアンモニアといった、CO2を排出しない燃料や、風力など再生可能エネルギーの利用も視野に入りつつある。

国際海運のルールを決める国際海事機関(IMO)は2018年4月に「温室効果ガス削減戦略」を採択し、「今世紀中のなるべく早期に、国際海運からの温室効果ガス排出ゼロを目指す」との目標を取り決めた。

その際、30年時点での目標として「08年比で単位輸送量当たりの温室効果ガス排出量の40%以上削減」に加え、50年時点での「国際海運全体での温室効果ガス排出総量の50%以上削減」(単位輸送量当たり温室効果ガス排出量の80%以上削減に相当、08年比)という数値目標が決まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
船・港 海の経済学
ゼネコンが造る“船"の実力
マリンレジャーに新たな潮流
Part4 造船 中韓に敗退、業界再編へ
傑出した燃費性能
埠頭をめぐり火花
東京・横浜の一体運営は幻に、国内主要港の戦略はバラバラ
インタビュー/藤木企業会長 藤木幸夫
世界で活躍、巨大船導く港のスター
Part3 港湾 世界の港は規模の時代に
日本郵船「環境分野でトップランナーに」
インタビュー/日本郵船社長 長澤仁志
商船三井「LNGビジネスで低炭素化をリード」
インタビュー/商船三井 社長 池田潤一郎
川崎汽船「今期黒字転換。風力、水素で先鞭」
インタビュー/川崎汽船社長 明珍幸一
合従連衡が一気に進展
コンテナ船統合会社トップ「鉄道やトラックも活用する」
ONEのジェレミー・ニクソンCEOに聞く
海運大手3社の業績
Part2 海運 脱炭素化で船舶が大激変
世界の港を買いまくる中国、根底にマラッカ・ジレンマ
一帯一路と中国の港湾戦略
トラック運転手不足・レジャー多様化で需要増
多種多様なクルーズを初心者・リピーター向けに紹介
Part1 クルーズ船
船会社とシステム連携で掲載商品充実
船・港 〜海の経済学〜
ニッポンの生命線が危ない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内