コンテナ船統合会社トップ「鉄道やトラックも活用する」 ONEのジェレミー・ニクソンCEOに聞く

印刷
A
A

Jeremy Nixon 1990年英ウォーリック大学卒(MBA)。P&Oネドロイド、マースクラインを経て2008年日本郵船入社。17年7月から現職。

特集「船・港 海の経済学」の他の記事を読む

日本郵船、商船三井、川崎汽船が2017年10月に設立したコンテナ船統合会社、オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、初年度の18年度こそ赤字決算だったが、19年度の業績は好調だ。ジェレミー・ニクソンCEOに戦略を聞いた。

──なぜシンガポールに本社を置いたのですか。

親会社3社のうち2社のコンテナ事業の本部が当地にあり、その人材をそのまま新会社で活用できる。政府が海運事業を手厚く支援している点も大きい。

──規模で業界6位。

順位より強みを伸ばすことが重要。当社は120カ国に展開しているが、すべて「ONE」ブランドで営業しているのが強み。合併を繰り返した会社の中には、複数ブランドで営業しているところもある。また、港から港に運ぶサービスにとどまる業者もいるが、当社はトラック、鉄道も活用して荷主の元から配送先まで運ぶフルサービスの事業を行っている。最新式の冷凍冷蔵コンテナを使った輸送にも強みがあると自負している。

──今年の市況は?

中東問題や新型肺炎といった不透明要因はあるが、決算年度が始まる4月以降は落ち着くのではないか。20年度の計画は発表していないが、若干ポジティブに見ている。

──コンテナの色がピンクで目立ちます。

ピンクではなくマゼンタ(笑)。遠くからでも識別しやすい。今は親会社のコンテナも残っているが、コンテナの耐用年数は10〜12年なので、10年後には大半がマゼンタに置き換わる。

(聞き手 大坂直樹)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
船・港 海の経済学
ゼネコンが造る“船"の実力
マリンレジャーに新たな潮流
Part4 造船 中韓に敗退、業界再編へ
傑出した燃費性能
埠頭をめぐり火花
東京・横浜の一体運営は幻に、国内主要港の戦略はバラバラ
インタビュー/藤木企業会長 藤木幸夫
世界で活躍、巨大船導く港のスター
Part3 港湾 世界の港は規模の時代に
日本郵船「環境分野でトップランナーに」
インタビュー/日本郵船社長 長澤仁志
商船三井「LNGビジネスで低炭素化をリード」
インタビュー/商船三井 社長 池田潤一郎
川崎汽船「今期黒字転換。風力、水素で先鞭」
インタビュー/川崎汽船社長 明珍幸一
合従連衡が一気に進展
コンテナ船統合会社トップ「鉄道やトラックも活用する」
ONEのジェレミー・ニクソンCEOに聞く
海運大手3社の業績
Part2 海運 脱炭素化で船舶が大激変
世界の港を買いまくる中国、根底にマラッカ・ジレンマ
一帯一路と中国の港湾戦略
トラック運転手不足・レジャー多様化で需要増
多種多様なクルーズを初心者・リピーター向けに紹介
Part1 クルーズ船
船会社とシステム連携で掲載商品充実
船・港 〜海の経済学〜
ニッポンの生命線が危ない
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内