有料会員限定

「ニッチでしょぼい」が転換点、赤字を恐れずやってきた Sansan 寺田親弘社長インタビュー拡大版

印刷
A
A
てらだ・ちかひろ 1976年生まれ。99年慶応大学環境情報学部卒業後、三井物産入社。シリコンバレーでの勤務や社内ベンチャーの立ち上げなどを経て2007年Sansan創業。(撮影:佐々木 仁)

特集「すごいベンチャー100 2019年版」の他の記事を読む

日本では数少ないユニコーンとして注目を集め、6月に上場したSansan(サンサン)。法人向けクラウド名刺管理サービスが主力だ。創業から12年、ベンチャーを取り巻く環境はどう変わってきたのか。寺田親弘社長に聞いた。

 

(注)8月24日号39ページ掲載記事に加筆しています。

 

父親が事業をしていたこともあり、普通のサラリーマンとして生きていこうということもなく、元々起業家志向は強かった。学生でそのまま起業することは考えていなかったので、まず修行の場として三井物産を選び、6年間の勤務を経て起業した。

どうせやるなら世の中の困りごとを解決したいと思い、目を付けたのが名刺だった。「あの名刺どこに行った?」というリアルな悩みがもともとあった。世界で100億枚あるといわれるものをデータベース化することに奥行きの広さを感じた。

創業した2007年を振り返ると、隔世の感がある。今のようにがんがん資金調達をして赤字で成長するということは受け入れられなかった。初期の頃は自己資金も入れて、給料ももらわずに、なるべくお金は使わないようにしていた。むしろ3年連続で黒字を出したこともある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2019年版
有望ベンチャー
「多様性と高学歴がユニコーンを生むカギだ」
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
元ミクシィ社長らが、みずほとタッグ
審査は再び引き締め機運
期待の大型上場だったが…
[建設・不動産]
[旅行]
出資先とのシナジーを生み出せるか
[製造業・IoT]
[メディア・エンタメ]
[フード]
ずさんな経営を露呈、バブルは崩壊
[フィンテック]
不動産大手がこぞってベンチャー支援
[農業・水産]
[飲食・小売り]
「ポスト・メルカリ」はここだ!
電力小売りから撤退、事業再構築へ
国策ファンドはどこに出資しているのか
[教育]
[HR・人材]
[マーケティング支援]
過熱する経営者、投資家の駆け引き
[行政]
[アート]
[物流]
[宇宙]
[法務]
ソフトバンクグループ、22兆円ファンドの破壊力と不安
2号ファンド運用を今秋にも開始へ
[モビリティ]
[医療・ヘルスケア]
Sansan 寺田親弘社長インタビュー拡大版
JVCA仮屋薗聡一名誉会長インタビュー拡大版
ニッセイアセットマネジメント秦由佳氏インタビュー拡大版
Drone Fund千葉功太郎代表インタビュー拡大版
すごいベンチャー100 2019年版
次のユニコーンを探せ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内