有料会員限定

ティアフォー/A.L.I. Technologies/Luup/glafit [モビリティ]

印刷
A
A
独自開発の低速自動運転車「マイリー」

特集「すごいベンチャー100 2019年版」の他の記事を読む

自動運転技術の民主化をミッションに掲げる。自動運転の開発競争が激化する中、世界から注目を浴びる日本企業がある。名古屋大学発のティアフォーだ。

「小さな組織や個人でも、自動運転車を造れるようにしたい」という加藤真平会長(37)の考えからオープンソースの自動運転用オペレーティングシステム(OS)「オートウェア」を無償公開している。現在国内外で200社以上が同OSを使用しており、自動運転用OSの使用社数では世界一を誇る。

加藤氏は東京大学准教授も兼ねる(撮影:梅谷秀司)

2018年12月には、オートウェアの標準化を目指す「オートウェアファンデーション」を結成。米インテルや中国ファーウェイ、トヨタ自動車の自動運転開発子会社TRI-ADなど名だたる企業が参画する。自動運転開発では米グーグル系ウェイモがトップランナーだが、ティアフォーは世界中の1000人以上のエンジニアと連携することで、性能と安全性でより高い競争力を目指す。

自動運転システムや車両も開発しており、日本では地方を中心に62地域、海外では10カ国で自動運転実証実験の実施・支援を行う。空港など限定エリアでの低速走行、時速30~40キロメートルでの市街地走行、米国での高速道路走行など、さまざまな状況に対応。19年2月には愛知県で、5G通信を使った無人遠隔の実証実験を日本で初めて成功させた。今後、実験対象の自治体を10倍に増やしていく方針だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2019年版
有望ベンチャー
「多様性と高学歴がユニコーンを生むカギだ」
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
元ミクシィ社長らが、みずほとタッグ
審査は再び引き締め機運
期待の大型上場だったが…
[建設・不動産]
[旅行]
出資先とのシナジーを生み出せるか
[製造業・IoT]
[メディア・エンタメ]
[フード]
ずさんな経営を露呈、バブルは崩壊
[フィンテック]
不動産大手がこぞってベンチャー支援
[農業・水産]
[飲食・小売り]
「ポスト・メルカリ」はここだ!
電力小売りから撤退、事業再構築へ
国策ファンドはどこに出資しているのか
[教育]
[HR・人材]
[マーケティング支援]
過熱する経営者、投資家の駆け引き
[行政]
[アート]
[物流]
[宇宙]
[法務]
ソフトバンクグループ、22兆円ファンドの破壊力と不安
2号ファンド運用を今秋にも開始へ
[モビリティ]
[医療・ヘルスケア]
Sansan 寺田親弘社長インタビュー拡大版
JVCA仮屋薗聡一名誉会長インタビュー拡大版
ニッセイアセットマネジメント秦由佳氏インタビュー拡大版
Drone Fund千葉功太郎代表インタビュー拡大版
すごいベンチャー100 2019年版
次のユニコーンを探せ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内