有料会員限定

「投資で社会を幸せに、ドローンで日本を変革」 Drone Fund千葉功太郎代表インタビュー拡大版

印刷
A
A
ちば・こうたろう 1974年生まれ、慶応大学環境情報学部卒業。リクルート、KLab取締役を経て、副社長としてコロプラを上場に導く。投資家のメンターとしても活躍。(撮影:佐々木 仁)

特集「すごいベンチャー100 2019年版」の他の記事を読む

ベンチャー役員を経て、個人のエンジェル投資家として活動する千葉功太郎氏は、2017年にドローンベンチャーへの投資に特化した「Drone Fund(ドローンファンド)」を設立した。なぜドローンなのか、なぜファンドを立ち上げたのか。千葉氏に尋ねた。

 

(注)8月24日号39ページ掲載記事に加筆しています。

 

個人投資家として未来の社会を幸せにする技術に投資をしたいとつねに考えている。そのテーマの1つがドローンだった。3年半前から興味を持ち、自分自身がはまって操縦もする。

AI(人工知能)やフィンテックといった領域には投資家がたくさんいるが、ドローンについては世界を見渡してもいなかった。ドローン関連のベンチャーが増え始めており、自分がドローン産業を立ち上げるという思いで、ファンドをつくった。使命感優先だった。

大企業の見方が変わった

全方位型ファンドに比べると資金集めも投資も難しいが、35の事業会社と個人から16億円弱を集めて約16億円の1号ファンドをつくることができ、1年強で22社に投資した。大きな金額を集めると言うよりも、巻き込む人を増やす目的のほうが強かった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2019年版
有望ベンチャー
「多様性と高学歴がユニコーンを生むカギだ」
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
元ミクシィ社長らが、みずほとタッグ
審査は再び引き締め機運
期待の大型上場だったが…
[建設・不動産]
[旅行]
出資先とのシナジーを生み出せるか
[製造業・IoT]
[メディア・エンタメ]
[フード]
ずさんな経営を露呈、バブルは崩壊
[フィンテック]
不動産大手がこぞってベンチャー支援
[農業・水産]
[飲食・小売り]
「ポスト・メルカリ」はここだ!
電力小売りから撤退、事業再構築へ
国策ファンドはどこに出資しているのか
[教育]
[HR・人材]
[マーケティング支援]
過熱する経営者、投資家の駆け引き
[行政]
[アート]
[物流]
[宇宙]
[法務]
ソフトバンクグループ、22兆円ファンドの破壊力と不安
2号ファンド運用を今秋にも開始へ
[モビリティ]
[医療・ヘルスケア]
Sansan 寺田親弘社長インタビュー拡大版
JVCA仮屋薗聡一名誉会長インタビュー拡大版
ニッセイアセットマネジメント秦由佳氏インタビュー拡大版
Drone Fund千葉功太郎代表インタビュー拡大版
すごいベンチャー100 2019年版
次のユニコーンを探せ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内