有料会員限定

IPO後に伸びた株、落ちた株 審査は再び引き締め機運

印刷
A
A

2019年のIPO社数は昨年並みの高水準を維持、下期の大型上場が期待される。

(撮影:風間仁一郎)

特集「すごいベンチャー100 2019年版」の他の記事を読む

新規株式公開(IPO)は、ベンチャー企業が公開市場から資金を調達し、成長を加速させる大きな一歩となる。

受け皿となる国内IPO市場はこの数年、90社前後が上場し、活況を呈している。18年はソフトバンクが2兆6461億円を調達して1社で調達額を押し上げた事情があったものの、全体で90社が上場し、3兆1297億円を市場から吸収。社数は15年の92社に迫り、調達額はNTTが上場した1987年の約2兆7000億円の記録を約30年ぶりに更新した。

勢いは19年も続いている。折り返し点の6月末までに38社が上場し、1022億円を調達。昨年のメルカリのような大型上場はないが、社数は同水準にある(18年は6月末までに36社)。

7月末までに初値が公開価格を下回ったのは2社のみ。公開価格に対する初値の平均騰落率はプラス77.9%で推移しており、いちよし証券投資情報部の宇田川克己・銘柄情報課長は「IPO市場は今年も投資家の熱気に満ちている」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2019年版
有望ベンチャー
「多様性と高学歴がユニコーンを生むカギだ」
インタビュー/立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
元ミクシィ社長らが、みずほとタッグ
審査は再び引き締め機運
期待の大型上場だったが…
[建設・不動産]
[旅行]
出資先とのシナジーを生み出せるか
[製造業・IoT]
[メディア・エンタメ]
[フード]
ずさんな経営を露呈、バブルは崩壊
[フィンテック]
不動産大手がこぞってベンチャー支援
[農業・水産]
[飲食・小売り]
「ポスト・メルカリ」はここだ!
電力小売りから撤退、事業再構築へ
国策ファンドはどこに出資しているのか
[教育]
[HR・人材]
[マーケティング支援]
過熱する経営者、投資家の駆け引き
[行政]
[アート]
[物流]
[宇宙]
[法務]
ソフトバンクグループ、22兆円ファンドの破壊力と不安
2号ファンド運用を今秋にも開始へ
[モビリティ]
[医療・ヘルスケア]
Sansan 寺田親弘社長インタビュー拡大版
JVCA仮屋薗聡一名誉会長インタビュー拡大版
ニッセイアセットマネジメント秦由佳氏インタビュー拡大版
Drone Fund千葉功太郎代表インタビュー拡大版
すごいベンチャー100 2019年版
次のユニコーンを探せ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内