群れない早稲田が群れ始めた、動き出した大学と校友会 早稲田が仕掛ける卒業生64万人の再結集

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25
拡大
縮小

永遠のライバル三田会に負けじと、早稲田大学もネットワークの強化に動く。

他大学に先駆けて導入したクレジットカード(左下)。校友会員には情報誌が送付される

特集「早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?」の他の記事を読む

「え、私も早稲田の校友会員なの?」。大手電子部品会社で働く男性社員は、ある早稲田OBとの雑談中に驚いた。男性は同窓会費を払った記憶も、同窓会に呼ばれた覚えもない。卒業から10年以上、早稲田大学との接点もなく人生を歩んできた。

早稲田大学校友会は、同大の卒業生を中心に構成される同窓組織。約64万人が会員として登録している。傘下の各団体は「稲門(とうもん)会」という共通の名称を使っている。ところが冒頭の男性のように、ほとんどの卒業生は「校友会の一員である」という自覚が希薄だ。

佐々木豊・早稲田大学校友会事務局長は「住所や電話番号などの変更があっても登録情報の更新がなく、つながりが途絶えることが多い」と現状を明かす。

早稲田とのつながりの弱さは、校友会員であることを自覚しづらい仕組みが一因でもある。

学生は4年生の学費を支払うのと同時に、校友会費として10年分を一括前払いしている。多くは保護者が学費を支払っているため、「10年分の校友会費を支払った覚えがない」(2017年度卒業生)。支払いが学費に含まれたような形になるため、大学を卒業して校友会に自動的に登録されても、本人はまったく気がつかない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?
インタビュー|早稲田大学校友会 代表幹事 萬代 晃
早慶への提言|早稲田大学大学院教授 入山章栄
有力企業は慶応生が好き、早稲田生は製造業に強み
就職先ランキング/早慶生の多くは金融を目指す
上場企業の社長 早大192人、慶大303人
付属校|内部進学率と校風に差
お受験|私学両雄の登竜門
「婚活」での市場価値
大学財務|早慶ともに財務は健全
研究力|教育力と並ぶ大学の基盤を比較する
Part2 早慶の実力|私立文系の頂点は今や慶応法・政治に
慶応義塾長 長谷山 彰に聞く
早稲田大学総長 田中愛治に聞く
有力OB慶応を語る|中外製薬 会長 永山 治
三田会 日本最強の同窓会
東大と並ぶ医学界の名門
開設30年目の総括
慶応の歴史キーパーソン
慶応義塾大学編|ブランド力は私学随一
「文系殺し」との声も
有力OB早稲田を語る|阪急阪神HD会長 角 和夫
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内