有料会員限定

「伝統保守」の塾風は不変、塾生の中心、内部進学者 慶応義塾大学編|ブランド力は私学随一

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

内部進学者が塾風を受け継ぐ。人気は法学部政治学科。

図書館は現在工事中のため画像は2009年のもの(撮影:尾形文繁)

特集「早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?」の他の記事を読む

入試偏差値の高さや受験生人気などで早稲田大学を上回り、今やそのブランド力は私学ナンバーワンの慶応大学。そんな慶大にはどんな若者たちが集まっているのだろうか。例えば、2018年度に現役入学した慶大生の出身高校トップ10はこうなっている。

トップ20まで挙げてもそうなのだが、首都圏の高校のみ、それも私立の中高一貫校だらけ。男子校は準難関、女子校は難関〜準難関クラスの校名が並ぶ。

昔から慶大には首都圏出身者が多かったが、年を追うごとにその比率は高まり、今では入学生の7割超が1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)にある高校の出身者だ。

「親の力が9割」ともいわれる私立中学入試を突破し、中高6年間も私立のハイレベルな授業についていき、慶応大学に無事合格できたという「首都圏の受験優等生」が、学生の平均像なのである。

こうした「外部生」とかなり違う経験を積んで慶大生になるのが、付属校(慶応では「一貫教育校」と呼ぶ)からエスカレーター式に上がってきた「内部生」たちだ。慶大は内部生枠が大きく、入学生全体の2割超を占める。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?
インタビュー|早稲田大学校友会 代表幹事 萬代 晃
早慶への提言|早稲田大学大学院教授 入山章栄
有力企業は慶応生が好き、早稲田生は製造業に強み
就職先ランキング/早慶生の多くは金融を目指す
上場企業の社長 早大192人、慶大303人
付属校|内部進学率と校風に差
お受験|私学両雄の登竜門
「婚活」での市場価値
大学財務|早慶ともに財務は健全
研究力|教育力と並ぶ大学の基盤を比較する
Part2 早慶の実力|私立文系の頂点は今や慶応法・政治に
慶応義塾長 長谷山 彰に聞く
早稲田大学総長 田中愛治に聞く
有力OB慶応を語る|中外製薬 会長 永山 治
三田会 日本最強の同窓会
東大と並ぶ医学界の名門
開設30年目の総括
慶応の歴史キーパーソン
慶応義塾大学編|ブランド力は私学随一
「文系殺し」との声も
有力OB早稲田を語る|阪急阪神HD会長 角 和夫
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内