有料会員限定

学生と教員の国際化が進む、新学部の躍進で学内序列変動 Part1 早慶のいま|早稲田大学編

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25
拡大
縮小

バンカライメージは薄れた。早稲田は様変わりしている。

特集「早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?」の他の記事を読む

学部の新設、改編の動き。学生気質、そして外部からはわかりづらい学内ヒエラルキー。早稲田大学と慶応大学の現在をリポートする。

「早稲田=バンカラ」というイメージが薄れて久しい。実際に新学期が始まった4月上旬、早稲田(本部)キャンパスや文学部のある戸山キャンパスを歩くと、スマートな格好をした学生に多く遭遇する。

女子学生も例外ではない。華やかな髪形やメイクで、おしゃれなファッションに身を包んだ学生が目立つ。「早稲女(ワセジョ)は垢抜けない」。従来のイメージとは裏腹に、今や慶応や青山学院とともに読者モデルの輩出数を競い合う存在だ。

女子学生に早稲田を志望した理由を聞くと「慶応は小論文があるから同じく高偏差値の早稲田にした」「懐が広く庶民的なイメージが慶応より自分に合うと思った」といった声が上がる。庶民的なイメージはあっても、「早稲女はださいから敬遠される」と危惧している様子はない。

ファッショナブルな印象を牽引するのは、2004年新設の国際教養学部だ。学内でSILS(シルス、School of International Liberal Studies)と呼ばれるこの学部は教員の外国人比率、留学生比率が各3割で帰国子女も多い。講義は一部のゼミを除いてすべて英語で行われる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?
インタビュー|早稲田大学校友会 代表幹事 萬代 晃
早慶への提言|早稲田大学大学院教授 入山章栄
有力企業は慶応生が好き、早稲田生は製造業に強み
就職先ランキング/早慶生の多くは金融を目指す
上場企業の社長 早大192人、慶大303人
付属校|内部進学率と校風に差
お受験|私学両雄の登竜門
「婚活」での市場価値
大学財務|早慶ともに財務は健全
研究力|教育力と並ぶ大学の基盤を比較する
Part2 早慶の実力|私立文系の頂点は今や慶応法・政治に
慶応義塾長 長谷山 彰に聞く
早稲田大学総長 田中愛治に聞く
有力OB慶応を語る|中外製薬 会長 永山 治
三田会 日本最強の同窓会
東大と並ぶ医学界の名門
開設30年目の総括
慶応の歴史キーパーソン
慶応義塾大学編|ブランド力は私学随一
「文系殺し」との声も
有力OB早稲田を語る|阪急阪神HD会長 角 和夫
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内