有料会員限定

「慶応は塾員を大事にする伝統を守りつつ進化したい」 慶応義塾長 長谷山 彰に聞く

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小
はせやま・あきら●1952年生まれ。75年慶応大学法学部卒、79年同文学部卒。駿河台大学教授を経て、97年から慶大文学部教授(法制史)。文学部長、常任理事を経て2017年5月から現職(任期は21年5月まで)。(撮影:尾形文繁)

特集「早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?」の他の記事を読む

──湘南藤沢キャンパス(SFC)開設から間もなく30年ですが、どう評価しますか。SFCは内部進学者が多くありません。

一貫校からの内部進学者が少ないのは、交通がやや不便なことも影響しているかもしれない。

1990年にできてから10年ほどは、今までの大学とは違う先端的なことをやっていて、とがった学生が多いといわれていた。一方で企業からは「とがりすぎて使いにくい」「すぐに辞める」という評価だった。

ところが、時代がSFCに追いつき、企業では「自分の頭で考えて動ける社員が必要だ」といわれるようになった。他大学もITなどを打ち出した新しい学部を作ってきた。SFCはだいぶ前からデータサイエンスを必修化したり、AI(人工知能)を使ったプロジェクトに取り組んだりしている。

──今後、SFCはどのようになっていきますか。

慶応には医学部、看護医療学部(2001年に開設)、薬学部(08年に共立薬科大学と合併)と医療系3学部がそろった。3学部の連携によって、人生100年時代に必要な医療、ヘルスサイエンスを研究できる。また、医理工連携という意味では理工学部もある。SFCはハブとして、その全部に技術的、学問的に関わることができる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
早稲田vs.慶応 最強私学はどっちだ?
インタビュー|早稲田大学校友会 代表幹事 萬代 晃
早慶への提言|早稲田大学大学院教授 入山章栄
有力企業は慶応生が好き、早稲田生は製造業に強み
就職先ランキング/早慶生の多くは金融を目指す
上場企業の社長 早大192人、慶大303人
付属校|内部進学率と校風に差
お受験|私学両雄の登竜門
「婚活」での市場価値
大学財務|早慶ともに財務は健全
研究力|教育力と並ぶ大学の基盤を比較する
Part2 早慶の実力|私立文系の頂点は今や慶応法・政治に
慶応義塾長 長谷山 彰に聞く
早稲田大学総長 田中愛治に聞く
有力OB慶応を語る|中外製薬 会長 永山 治
三田会 日本最強の同窓会
東大と並ぶ医学界の名門
開設30年目の総括
慶応の歴史キーパーソン
慶応義塾大学編|ブランド力は私学随一
「文系殺し」との声も
有力OB早稲田を語る|阪急阪神HD会長 角 和夫
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内