有料会員限定

「無期転換」権利防衛術 労働者必読 ケーススタディ

印刷
A
A

無期雇用への転換は、あくまで対象となる労働者が希望することが前提だ。会社側の話だけを真に受けて行使を怠ってしまっては、せっかく認められた権利が宝の持ち腐れとなりかねない。想定される会社側の妨害への対応策を、日本労働弁護団幹事長の棗(なつめ)一郎弁護士がケーススタディ方式で解説する。

イラスト:シライカズアキ

特集「非正規が消える」の他の記事を読む

無期転換を希望したら、上司から「余裕がないから無理」と言われた

こうした対応は中小・零細企業では少なくないかもしれないが、まったく話にならない。このルールは会社に余裕があろうがなかろうが、対象者なら無条件に権利行使できる点がポイントだ。

無期転換を希望するなら辞めてもらうと言われたら、それは典型的な無期転換を回避するための雇い止めに当たる。労働契約法(労契法)19条で、雇い止めが有効であるためには、客観的に合理的な理由と社会通念上の相当性がなければならないとされている。

無期転換ルールを定める労契法18条は、有期労働者の雇用の安定を確保するために制定された。そのため無期転換を免れるために雇い止めをすることは、客観的に合理的な理由があるとも、社会通念上の相当性があるともいえない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
非正規が消える
「労使双方にメリットは大きい」
「制度の悪用企業は厳正に指導」
「人材戦略を考え直す好機になる」
人事部長覆面座談会
労働者必読 ケーススタディ
三たびよみがえった導入論
「非雇用」が抜け道になる!?
»»第2章 実践編 今すぐ始める無期対策
〈衝撃3〉安倍首相の肝いりで進む
〈衝撃2〉9月に派遣制度が抜本転換
使用者が選別して無期に(先行企業 ケース3)
人手不足受け雇用安定化(先行企業 ケース2)
処遇改善は「成長投資」(先行企業 ケース1)
経営者、人事担当者は必読
〈衝撃1〉無期転換ルール開始直前
マンガで解説
»»第1章 真相編 無期転換ルール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内