有料会員限定

期限前に一律雇い止め 使用者が選別して無期に(先行企業 ケース3)

印刷
A
A

繁閑の波が大きい製造業を中心に、無期転換が可能になる前に雇い止めを選ぶケースもある。ある大手製造業の人事部長は、「事務職は原則無期転換する一方、製造現場の有期雇用社員は雇い止めにすることも検討している」と話す。多くの日本のものづくり企業にとって有期雇用社員は景気変動の“調整弁”だった。「無期転換ルール」の開始を控えても、その見方は変わっていない。大学や研究機関でも、同様である。

自動車メーカー

期間工は一律雇い止め 調整弁との見方変えず

自動車の製造ラインは繁閑の差が大きい(写真はイメージ)

特集「非正規が消える」の他の記事を読む

「在籍1年目 年収400万円以上可能」「寮完備 無料」「35カ月満了で300万円以上」──。トヨタ自動車の期間従業員募集広告には、威勢のいい言葉が躍る。

トヨタのモデルケースでは1年目(21日勤務、連続2交代制で残業20時間の場合)で月収は27万8250円。2回目、3回目でその額はさらに上がっていく。ただ、期間従業員の雇用期間は最長でも通算2年11カ月となる。

2015年、トヨタは期間従業員のクーリング(空白)期間を、それまでの1カ月から6カ月に変えた。クーリング期間は契約終了後から再雇用までの空白期間だ。改正労働契約法ではこの期間が6カ月以上あると、それ以前の契約期間がリセットされ、通算されない。だが6カ月未満だと、同じ会社で通算5年を超えて契約更新した場合は、本人が希望すれば無期雇用に転換できるようになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
非正規が消える
「労使双方にメリットは大きい」
「制度の悪用企業は厳正に指導」
「人材戦略を考え直す好機になる」
人事部長覆面座談会
労働者必読 ケーススタディ
三たびよみがえった導入論
「非雇用」が抜け道になる!?
»»第2章 実践編 今すぐ始める無期対策
〈衝撃3〉安倍首相の肝いりで進む
〈衝撃2〉9月に派遣制度が抜本転換
使用者が選別して無期に(先行企業 ケース3)
人手不足受け雇用安定化(先行企業 ケース2)
処遇改善は「成長投資」(先行企業 ケース1)
経営者、人事担当者は必読
〈衝撃1〉無期転換ルール開始直前
マンガで解説
»»第1章 真相編 無期転換ルール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内