有料会員限定

「最低2割」料金上昇、直接雇用との二者択一 〈衝撃2〉9月に派遣制度が抜本転換

印刷
A
A
従来以上に派遣社員の教育が欠かせなくなる

特集「非正規が消える」の他の記事を読む

4月の改正労働契約法の無期転換ルール開始と並ぶ、非正規雇用のもう一つの「2018年問題」が、9月末以降に本格的に始まる。それは有期雇用派遣の期間制限ルールの変更だ。

15年9月末の改正労働者派遣法施行によって、すべての有期雇用派遣は最長3年に制限された。それ以降も同一の組織単位(課)で同一の派遣社員を受け入れるには、自社で直接雇用するか、派遣会社がスタッフを無期雇用することが必要となった。

影響が特に大きいのは、事務系の派遣社員を多く活用している企業と、派遣会社である。改正法以前の派遣制度は業務内容で派遣期間を区分しており、事務用機器操作や秘書など事務系派遣の多くは「専門26業務」として期間制限がなかった。

一方で製造系や販売系は、従来最長3年とされていた。このため事務職は比較的長く同じ派遣会社から同じ職場に派遣されてきた人員が多いとされている。

派遣会社にとっては、改正労働契約法への対応に加え、9月末には3年の期限が到来するスタッフへの対応も行わなければならない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
非正規が消える
「労使双方にメリットは大きい」
「制度の悪用企業は厳正に指導」
「人材戦略を考え直す好機になる」
人事部長覆面座談会
労働者必読 ケーススタディ
三たびよみがえった導入論
「非雇用」が抜け道になる!?
»»第2章 実践編 今すぐ始める無期対策
〈衝撃3〉安倍首相の肝いりで進む
〈衝撃2〉9月に派遣制度が抜本転換
使用者が選別して無期に(先行企業 ケース3)
人手不足受け雇用安定化(先行企業 ケース2)
処遇改善は「成長投資」(先行企業 ケース1)
経営者、人事担当者は必読
〈衝撃1〉無期転換ルール開始直前
マンガで解説
»»第1章 真相編 無期転換ルール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内