ソニー、テレビ事業10年ぶり黒字化の舞台裏

分社化でようやく息を吹き返した

確かに、そうして画質向上を追求しても、もう十分だという意見もある。しかし、今4Kを購入されるお客さんは、昔プラズマの高画像に惹かれて購入し、5~6年経ってそろそろ買い替えの時期に来ている方が多い。当時と比べると、飛躍的に画質は変わっており、その部分を訴求する余地はまだ大きい。

技術の進歩は連続的なものだと思う。われわれは愚直に技術の進化を続けていく。そうすれば、時間が経てばすごく大きな差を作り出せると思う。

――今後、どのようなテレビを投入していくつもりか。

2015年にはアンドロイドOSを搭載したテレビを投入する。今やスマホなどモバイルとテレビとの連携は不可欠だ。グーグルと連携し、テレビ用OS「アンドロイドL」の仕様を詰めてきた。これはお客さんがテレビで何をしたいかというソリューションの一つになると思う。

「ネクストテレビ」の議論もしている

ただアンドロイドOS搭載テレビは、他社が同様に出す可能性も大きく、それで差別化することにはならない。ソニー製スマホ「Xperia」シリーズやプレイステーションとの連携に加え、今のテレビのベースの上で、将来的には「ネクストテレビ」の議論もしている。

テレビは本来、「感動を映し出す窓」であるべきだが、現状のテレビは放送の決まりなどで、16対9の大きさになっていたり、リビングに置きやすい形状になっていたりと、いろんな制約がある。将来的にはそういう制約がどんどんなくなっていくと思う。

ソニーが投入した(壁に映像を映し出す4K超短焦点プロジェクターの)「ライフスペースUX」は、社内での事業範囲は別だが、リビングや住宅での映像空間の提案という意味では、方向性の一つ。いずれテレビ機器のハードがなくなり、こうしたプロジェクターが普及する可能性もある。その場合、現状のテレビがなくなっても仕方がない。そもそも既存の何かを守っているソニーではいけない。

こうした放送以外のいろんなテレビは、実現する技術開発には時間がかかる。だが将来的には具体的な提案をしていきたいと考えている。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT