日本経済の試練 EVショック »»Part1|ガソリン車に吹く逆風

印刷
A
A

日本経済を牽引してきた自動車産業。その地位は、ガソリン車から電気自動車(EV)への転換で一変しかねない。

(本誌:許斐健太、秦 卓弥)

週刊東洋経済 2017年10/21号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「EVショック」の他の記事を読む

日本の代表的な輸出産業が転換期を迎える(写真はイメージ)(撮影:大澤 誠)

»»Part1|ガソリン車に吹く逆風

日本経済を揺るがすEV時代の地殻変動

規制を追い風に世界中がEV化へ舵を切る。自動車産業に依存する日本経済の行方は。

電気自動車(EV)化の世界的なうねりが日本経済を襲おうとしている。EVショックの震源地は中国だ。

9月、天津市で開かれた自動車フォーラムで、中国の政府高官が、「ガソリン車の販売禁止の時期を検討している」とコメント。世界最大市場の高官による観測気球は、自動車関係者に波紋を広げた。

デロイト トーマツ コンサルティングの試算によれば、地球温暖化を2℃以内に抑制するという目標を達成するためには、世界の新車販売を2050年までにすべてEVなどの次世代車に置き換えなければならない。とりわけ中国やインドなど大気汚染や二酸化炭素(CO2)排出量が深刻な新興国では、ZEV(排ガスゼロ車)の割合を高める必要がある。

補助金などの政策後押しで、中国は今や世界最大のEVマーケットになった。20年にはEVなど次世代車の累計販売500万台を目標に掲げる。中国は地球温暖化の対策計画を定めたパリ協定への参加を表明しており、冒頭の中国高官の発言は一見、環境問題への対応策に思える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVショック
アルミ、炭素繊維が大攻勢
車体から窓まで軽量化
車載電池用で追い風吹く
数年後に電池が足りなくなる
仁義なきEV電池バトル
供給不足で争奪戦へ
»»Part2|部材メーカーの新勢力
EVの時代は本当にくるのか(3)
EVの時代は本当に来るのか?(2)
EVの時代は本当に来るのか(1)
マイルドHVで巻き返し
京大発ベンチャーも渦中
いまさら聞けない
消えるガソリンスタンド
EV時代に活路はあるか(2)
EV時代に活路はあるか(1)
エンジンが消える未来
第3次ブームは本物か
欧州発のEVウエーブ
エンジンにこだわるな トヨタもEVシフトを
日本経済の試練 EVショック
»»Part1|ガソリン車に吹く逆風
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内