有料会員限定

徹底検証 EVの実力 第3次ブームは本物か

印刷
A
A

にわかに注目を集める電気自動車(EV)。EVは次世代車の覇者となるのか。このページでは、歴史と技術を検証する。

実は、EVは世界で初めて実用化された自動車だ。記事下の年表にあるとおり、1886年にドイツのカール・ベンツがガソリン車を発明するより13年も前に英国でEVトラックが発明されていた。時速100kmの壁を歴史上、初めて越えたのもEVだった。

ただ、EVは誕生以来一度も、自動車産業の主流になったことはない。EVはつねに「車両価格、航続距離、充電インフラ」という3大ネックを抱えていたからだ。

過去のEVブームの第1波は1993年、米カリフォルニア州で排ガスゼロ車(ZEV)規制が制定されたのがきっかけだった。米ゼネラル・モーターズの「EV1」やトヨタ自動車の「RAV4 EV」などが発売された。

ホンダ「EV Plus」

特集「EVショック」の他の記事を読む

だが、規制だけで消費者は振り向かない。「当時はまだEVのマーケットがないことは明らかだった」。当時トヨタでEV開発を担当したエンジニアはそう振り返る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVショック
アルミ、炭素繊維が大攻勢
車体から窓まで軽量化
車載電池用で追い風吹く
数年後に電池が足りなくなる
仁義なきEV電池バトル
供給不足で争奪戦へ
»»Part2|部材メーカーの新勢力
EVの時代は本当にくるのか(3)
EVの時代は本当に来るのか?(2)
EVの時代は本当に来るのか(1)
マイルドHVで巻き返し
京大発ベンチャーも渦中
いまさら聞けない
消えるガソリンスタンド
EV時代に活路はあるか(2)
EV時代に活路はあるか(1)
エンジンが消える未来
第3次ブームは本物か
欧州発のEVウエーブ
エンジンにこだわるな トヨタもEVシフトを
日本経済の試練 EVショック
»»Part1|ガソリン車に吹く逆風
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内