有料会員限定

EVの素朴な疑問 いまさら聞けない

印刷
A
A

Q1. エコカーにはどんな種類がある?

電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など、二酸化炭素(CO2)排出量を減らすエコカーの種類は多い。右表のとおり、エネルギー・動力源の違いにより区分されている。

電気の力を使った車の中で、なじみ深いのはHVだろう。ガソリンを燃料にエンジンとモーターを組み合わせて駆動する。燃費のよさから日本では新車販売台数の2割以上を占める。

HVとよく比較されるのが、プラグインハイブリッド車(PHV)だ。動力源はHVと同じだが、電源からもエネルギーを補充できる。力強い走りとエコな走りでモードを切り替えられ、航続距離も長い。

現状は車種も少なく、国内の新車販売台数に占める割合は1%未満だが、台数は年々増加中で、EV移行期の普及が見込まれる。ただ、ガソリンを燃料とするため、CO2排出は免れない。

その点EVは、ためた電気でモーターを駆動して走るため、車からCO2を排出しない。低速でもトルクが出て、アクセルを踏んだ瞬間の加速がよいのも特長だ。航続距離や充電時間の課題を克服できるかが普及のカギだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EVショック
アルミ、炭素繊維が大攻勢
車体から窓まで軽量化
車載電池用で追い風吹く
数年後に電池が足りなくなる
仁義なきEV電池バトル
供給不足で争奪戦へ
»»Part2|部材メーカーの新勢力
EVの時代は本当にくるのか(3)
EVの時代は本当に来るのか?(2)
EVの時代は本当に来るのか(1)
マイルドHVで巻き返し
京大発ベンチャーも渦中
いまさら聞けない
消えるガソリンスタンド
EV時代に活路はあるか(2)
EV時代に活路はあるか(1)
エンジンが消える未来
第3次ブームは本物か
欧州発のEVウエーブ
エンジンにこだわるな トヨタもEVシフトを
日本経済の試練 EVショック
»»Part1|ガソリン車に吹く逆風
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内