有料会員限定

センサーや無人機… 知られざる「軍需企業」 国内外で日本企業の技術を応用

印刷
A
A

防衛装備(兵器)の輸出を条件付きで可能とする防衛装備移転三原則が2014年に制定されてから3年。いくつかの商談が行われてきたが、今のところ輸出は実現していない。

一方で、日本企業の製造した民生品(非軍事の製品)は世界各国の軍や防衛産業で使用されている。日本企業が研究開発している中にも高い関心が寄せられているものがある。こうした技術を紹介しよう。

拡大する
(出所)筆者作成

特集「自衛隊のカネと組織」の他の記事を読む

日本企業が開発・生産した民生品の中で、軍用として最も使用されているのが、トヨタ自動車や日産自動車などの4輪駆動車だ。

トヨタの「ランドクルーザー」の中で70系と呼ばれるタイプは、軍用車両としての評価が高く、日本で生産が終了した後も海外では生産が継続され、フランス陸軍など各国の軍隊で採用されている。

UAE(アラブ首長国連邦)、ヨルダンなどでは地元企業によって、トヨタのランドクルーザーや日産「パトロール」の車体を装甲化し、防弾ガラスを備えた要人輸送車両が開発・販売されている。政府や軍、民間企業に広く採用されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊のカネと組織
オスプレイ、イージス艦、ステルス機...
国内外で日本企業の技術を応用
問題が多すぎる防衛省の調達
川崎重工、三菱重工、IHI...
▶▶Part3 防衛産業と装備
米国が同盟国に向ける視線
中印戦争でのインドが教訓
中国人民解放軍はどこまで強いのか
北朝鮮によるミサイル発射
▶▶Part2 緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
[対談] 伊勢崎賢治×伊藤祐靖
モンスターペアレントも悩みの種
全自衛隊で配置制限が撤廃でも
最終ゴールは3人の幕僚長
現役&OB 自衛官 座談会
内部争いが絶えない国防の砦
▶▶Part1 自衛隊という組織
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内