有料会員限定

調達制度の歪みが兵器の値段を吊り上げる 問題が多すぎる防衛省の調達

印刷
A
A

自衛隊(防衛省)の装備品の調達は外国から見れば常軌を逸しており、文民統制を放棄しているとしか思えない。これは防衛省にも責任があるが、軍事に無関心な歴代政権と国会の責任も重い。

文民統制の根幹は、国民の代表である政治家が軍隊(自衛隊)を管理・監督することだ。その最も大切な手段が予算と人事である。人事はともかく、防衛予算のチェックはザルである。特に装備品の調達はほとんどノーチェックだ。

海外の民主国家では、重要な装備品を調達するに際して、(1)新たな調達が必要な理由(目的)、(2)求められる性能のレベル、(3)目的を達成するための必要量(何基・何台が必要か)、(4)調達し戦力配備するまでの期間、(5)総予算の規模(自国で開発が必要ならば開発費も含める)などを、国防省が議会に対し説明する。

これを議会が審議・採決し、初めて予算案が認められ、メーカーと契約して計画が実行される。ところが日本では陸海空の幕僚監部や防衛省の内局では大まかな計画が策定されているが、国会にはほとんど何も知らされていない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊のカネと組織
オスプレイ、イージス艦、ステルス機...
国内外で日本企業の技術を応用
問題が多すぎる防衛省の調達
川崎重工、三菱重工、IHI...
▶▶Part3 防衛産業と装備
米国が同盟国に向ける視線
中印戦争でのインドが教訓
中国人民解放軍はどこまで強いのか
北朝鮮によるミサイル発射
▶▶Part2 緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
[対談] 伊勢崎賢治×伊藤祐靖
モンスターペアレントも悩みの種
全自衛隊で配置制限が撤廃でも
最終ゴールは3人の幕僚長
現役&OB 自衛官 座談会
内部争いが絶えない国防の砦
▶▶Part1 自衛隊という組織
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内