有料会員限定

徹底解説! 防衛企業の得意ワザ 川崎重工、三菱重工、IHI...

印刷
A
A

防衛省が発表した2015年度の装備品の契約実績を見ると、上位には日本を代表する大企業がずらりと並んでいる(→関連記事図表1参照)。富国強兵を始めた明治時代に創業し、日本の国防を担ってきた企業が少なくない。ここでは、特に上位の企業を取り上げ、防衛産業にどのようにかかわっているかを見てみよう。

川崎重工業

航空機・潜水艦の川重、民間転用で挫折も

[写真1]T‐4中等練習機は高い操縦性と安定性がポイント(航空自衛隊)

特集「自衛隊のカネと組織」の他の記事を読む

15年度の契約実績トップは川崎重工業だ。同年度の契約実績額の約15%を占める。年度によって潜水艦や航空機など大型で高額な装備品の受注状況次第で、三菱重工業とトップが入れ替わることもある。

同社で装備品にかかわるのは、航空輸送システム部門と一般海洋事業部門。前者は今年4月に航空自衛隊に配備されたC-2輸送機など航空機を製造する。対潜哨戒機P-1とともに、国内で開発・生産を行っている。また、多くのファンがいる航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が使用するT-4中等練習機(写真1)の製造元も同社だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊のカネと組織
オスプレイ、イージス艦、ステルス機...
国内外で日本企業の技術を応用
問題が多すぎる防衛省の調達
川崎重工、三菱重工、IHI...
▶▶Part3 防衛産業と装備
米国が同盟国に向ける視線
中印戦争でのインドが教訓
中国人民解放軍はどこまで強いのか
北朝鮮によるミサイル発射
▶▶Part2 緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
[対談] 伊勢崎賢治×伊藤祐靖
モンスターペアレントも悩みの種
全自衛隊で配置制限が撤廃でも
最終ゴールは3人の幕僚長
現役&OB 自衛官 座談会
内部争いが絶えない国防の砦
▶▶Part1 自衛隊という組織
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内