有料会員限定

空母から無人機まで、サイバー戦も警戒 中国人民解放軍はどこまで強いのか

印刷
A
A

軍備拡張を続ける中国。2017年の国防予算は前年実績比7%増の1兆0443億元(約17兆円)で、初めて1兆元を超えた。

中国は経済力に比例して兵器の近代化を進め、海空軍の行動範囲を拡大し、九州、沖縄、ボルネオなどを結ぶ第一列島線内外における優勢を獲得しようと試みている。また、戦略的縦深性(最前線から本土までのゆとり)を確保するために軍事力を用いて南シナ海を領海化しようとする。人民解放軍(中国軍)の実力はどれほどであろうか。

(出所)平成28年版「防衛白書」、「防衛年鑑2016」

特集「自衛隊のカネと組織」の他の記事を読む

まず航空兵力を見てみよう。戦闘機の主力は400機以上が配備されているJ-11である。J-11は、ロシアからライセンス供与されたもので、航空自衛隊も運用しているF-15と同様に、第4世代戦闘機(1980年代以降に登場した運用中の戦闘機では最新タイプ)である。

中国空軍の主力戦闘機であるJ-11はロシアSu-27のライセンス機。400機以上が配備されている(Imaginechina/アフロ)

そして15年に中国はロシア製最新戦闘機Su-35の購入契約を結んだ。第4.5世代戦闘機とされ、搭載電子機器の能力とステルス性を向上させた点に特長がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
自衛隊のカネと組織
オスプレイ、イージス艦、ステルス機...
国内外で日本企業の技術を応用
問題が多すぎる防衛省の調達
川崎重工、三菱重工、IHI...
▶▶Part3 防衛産業と装備
米国が同盟国に向ける視線
中印戦争でのインドが教訓
中国人民解放軍はどこまで強いのか
北朝鮮によるミサイル発射
▶▶Part2 緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
緊迫の周辺情勢/中国・北朝鮮の脅威
[対談] 伊勢崎賢治×伊藤祐靖
モンスターペアレントも悩みの種
全自衛隊で配置制限が撤廃でも
最終ゴールは3人の幕僚長
現役&OB 自衛官 座談会
内部争いが絶えない国防の砦
▶▶Part1 自衛隊という組織
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内