有料会員限定

フランチャイズ 天国と地獄 知られざる25兆円市場の全貌

印刷
A
A

個人消費が伸び悩む中、右肩上がりを続けるのがフランチャイズチェーン市場だ。融資条件の緩和など個人オーナーには追い風も。落とし穴も含め、激変の最前線に迫る。

(本誌:許斐健太、秦 卓弥)
写真:繁華街にも広がるフランチャイズチェーン店。一等地の店舗の顔ぶれは時代を映す

コンビニエンスストア、カフェ、居酒屋、フィットネス……。街を歩けば出合う店舗の数々。その多くに共通項がある。フランチャイズ(FC)チェーンであることだ。

FCとはそもそも「(人や会社に)特権(販売権)を与える」という意味合い。商品やサービス、商標、経営ノウハウを、ある事業者(本部、フランチャイザー)から別の事業者(加盟者、フランチャイジー)に与え、見返りに一定の対価(加盟金など)を徴収する関係のことをいう。

米国でフライドチキンのレシピを売った、カーネル・サンダースの「ケンタッキーフライドチキン」が発祥といわれる。現在、日本のFC市場の規模は約25兆円。個人消費が停滞する中、右肩上がりを続け、FCの勢いは継続している。

中でも牽引役はコンビニだ。かつてどこにでもあった家族経営の零細小売店、いわゆる「パパママストア」の多くはすでにコンビニに鞍替え。今では脱サラ組が新たなコンビニオーナーの供給源だ。ほかにも中古品売買、幼児教室、家事代行……。時代のニーズに合わせたFCが続々登場している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内