有料会員限定

人手不足に打ち克つ外食FCの秘策 串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎

印刷
A
A

コンビニと並ぶフランチャイズ(FC)の王様といえば外食産業だ。だが、2015年の外食FC店舗数は5万8548店と、10年前から約3%しか増えていない(日本フランチャイズチェーン協会調べ)。

足元の環境は、「原料価格上昇や人手不足が深刻。コンビニなど業種の垣根を越えた競争も厳しい」(日本フードサービス協会の菊地唯夫会長)。

ただ、そんな逆風下でも成長を続ける外食FCはある。戦略は各社各様だが、共通するのは時代に応じて変化する強固な加盟店施策だ。

テント看板が目印。1階路面店で間口が広く、ガラス越しに店内の活気が伝わる(撮影:今井康一)

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

大手居酒屋チェーンの地盤沈下を尻目に、昔ながらの「大衆酒場」がブームとなっている。老舗だけでなくチェーン店であっても、個人店のような気軽な雰囲気を醸し出す店が人気を集めている。

こうしたブームを牽引するのが、大阪名物・串カツを専門にした「串カツ田中」だ。田中洋江・副社長が亡き父から受け継いだ味を守ろうと、屋号には「田中」を掲げる。メニューの木札はすべて手書きで、直営店では田中副社長自ら筆を執るなど店舗の造作にも手作り感を残す。明るく活気あふれる店内は大阪下町の大衆食堂さながらだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内