有料会員限定

在庫不要、1人で開業可能なFC ブランド品買い取り店、ハンコ店

印刷
A
A

コンビニを中心とする小売業の経営で、負担となるのが在庫管理だ。売れ筋の品ぞろえに目を配ったり、不足分を迅速に発注したりする作業の量は少なくない。そうした中、在庫を持たないことで、オーナー一人でも店舗を運営できるフランチャイズ(FC)店が着々と勢力を伸ばしている。

店舗入り口にはチケットが陳列され、奥のスペースで買い取り査定が行われる

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

ブランド品買い取り店を展開する「大黒屋」もその一つ。FC市場における小売業の品目別FC店舗数でも、同店舗が取り扱う中古品を含む「文化用品」は近年割合が増加している。

ビジネスモデルは単純だ。顧客により持ち込まれた中古品を査定し、条件が合致すれば買い取る。それを業者間のネットオークションに出品するか、本部に販売。場合によっては店頭でも販売する。そうして得た元手で、別の顧客から中古品を買い取るというサイクルを繰り返す。

商品の売り先は確保、在庫リスクは僅少

買い取った商品は2週間で現金化される。過剰在庫を持つことなく、迅速に現金化できることが強みだ。大黒屋は2005年のFC店募集開始以降、17年3月時点で全国160にまでFC店を増やしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内