有料会員限定

黒子企業の先導者たち メガフランチャイジー

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) FC業界では、2ケタ以上の店舗数を抱え、億円単位の売上高がある法人加盟店を、一般に「メガフランチャイジー」と呼ぶ

(2) ケンタッキーなど95店舗を経営するタニザワフーズの谷澤憲良社長はいま、「量的成長から質的成長への転換」を経営方針に掲げる

(3) ダスキンの最大手加盟店で東証1部上場のナック。名誉会長の西山由之氏は、コインランドリーを手掛けるFC本部を立ち上げた

 

タニザワフーズ 社長 谷澤憲良
「法人加盟店には外食FCが最適」

「外食産業の成長がいちばん著しかったとき、われわれもその成長に乗って業績を拡大できた」

そう振り返るのは、愛知県岡崎市を拠点に複数の外食チェーンの加盟店を経営する、タニザワフーズの谷澤憲良社長だ。ケンタッキーフライドチキンや吉野家、サーティワンアイスクリームなど、現在九つの外食チェーンの法人加盟店として、各社のフランチャイズ(FC)展開の一翼を担っている。

たにざわ・のりよし●1969年に谷澤ニット商事(現タニザワフーズ)に入社。FC事業への転換を担う。92年に社長就任。(撮影:今井康一)

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

「メガフランチャイジー」──。FC業界では2ケタ以上の店舗数を抱え、億単位の売上高がある法人加盟店のことを一般的にそう呼ぶ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内