有料会員限定

コンビニ24時間営業に黄信号 ▶▶Part1 外食・コンビニの転機

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) FC市場の王者・コンビニで、加盟店に対する本部の姿勢に変化が起きようとしている。発端はアルバイトやオーナーの人材不足だ

(2) すでに深夜営業を取りやめた外食業界と同様、深夜時間帯の人手確保が難しくなっており、24時間営業の継続に黄信号が灯っている

(3) 各社も人件費上昇に苦しむ加盟店に歩み寄る。最大手セブン-イレブンは17年9月からロイヤルティを1%減額することを発表した

 

24時間営業のコンビニだが、人手不足によって深夜営業が見直される可能性も

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

FC王者コンビニの曲がり角

「深夜のアルバイトが確保できない。時給も上がる中、1日の売り上げが60万円を割ると正直、生活が苦しい」。東京都内でセブン‐イレブンを運営する加盟店オーナーの一人はそう本音を吐露する。

拡大を続けるフランチャイズ(FC)市場だが、その最大の牽引役がコンビニエンスストアであることは言うまでもない。1970年代に本格的に店舗が広がり始めたコンビニは、今なお成長が続いている。国内の店舗数は5万5000を突破し、そのうちセブン、ファミリーマート、ローソンら大手3社のシェアが約9割を占める。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内