有料会員限定

文句ばかりをいう「老害加盟店」は去れ [INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長

印刷
A
A

ダスキン加盟店 武蔵野 社長 小山 昇

武蔵野(東京・小金井市)の小山昇社長は「中小企業経営支援の神様」として有名だ。しかし同社が清掃用具レンタルなどの大手ダスキンのメガフランチャイジー(武蔵野のダスキン事業は年商約25億円で全国5位前後)であることは意外に知られていない。武蔵野のダスキン事業は加盟以来、53期連続増益を誇る。他の加盟店とはどこが違うのか、本部と加盟店のあるべき関係について聞いた。

こやま・のぼる●1948年生まれ。大学卒業後武蔵野に入社。89年から現職。ダスキン事業と両輪のセミナーや研修での講演は年250回以上。(撮影:今井康一)

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

──清掃用具レンタルなどのビジネスは成熟化しています。ライバルとどこが違うのですか。

まず社員教育だ。人の成長なくして企業の成長はない。その1つが「価値観の共有」だ。「経営計画書」と「仕事ができる人の心得」の手帳を使いながら、社員に経営目標などの意味を説明する。だが、それだけでは社員が育たない。なぜ計画を実行しなければならないかを実務でわかってもらう。「環境整備」と呼ぶが、これがもう1つのポイントだ。この2つがあって初めて綿密な販売戦略実行が進む。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内