有料会員限定

現場で深まる留学生への依存 コンビニ・外食で最大の悩み

印刷
A
A
本社近隣のサンシャイン学園で、留学生の採用面接をするファミマのオーナー

特集「フランチャイズ 天国と地獄」の他の記事を読む

「助っ人ではなく、主戦力ですよ」「彼らがいないと店はやっていけない」。人手不足の中、店頭に立つオーナーたちが口々に話すのは、外国人アルバイトの存在感の高まりだ。

日本で働く外国人労働者数は、昨年10月末に初めて100万人の大台を超えて108万人となった。このうち、飲食・小売業のアルバイトに従事しているのは、留学ビザで入国した留学生や、日本人と結婚した配偶者などが中心だ。

昨年夏に、横浜市の馬車道に店を開いたローソンのオーナーは、「開店スタッフを集めたら、日本人は13人中1人だけだった」と話す。以前は中国人と韓国人が多かったが、近年はベトナムやネパール、中東など出身地域が多様化してきている。あるファストフードチェーンは、「外国人アルバイトの比率は全体の1割以下。だが、都心では2割を超えて、コンビニと取り合いになってきている」と話す。

こうした中、本部も加盟店の人手不足解消へ、外国人スタッフの争奪戦に動きだしている。ファミリーマートは昨年3月、池袋の本社近隣にある「サンシャイン学園・東京福祉保育専門学校」と外国人留学生のアルバイト採用で提携した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フランチャイズ 天国と地獄
業界に今も残る痕跡
訴え始めたオーナーたち
掲載されている本部は玉石混淆
▶▶Part3 オーナーの虎の巻
[INTERVIEW]小山昇・武蔵野社長
メガフランチャイジー
業種別FC店舗数の増減
人材募集・運営は本部におまかせ
業界からの不安の声
▶▶Part2 フランチャイズの新時代
[INTERVIEW]三浦展・消費社会研究家
コンビニ・外食で最大の悩み
相次ぐ不祥事でどん底に
串カツ田中、モス、コメダ、ゆで太郎
ブランド品買い取り店、ハンコ店
[INTERVIEW]竹増貞信・ローソン社長
[INTERVIEW]澤田貴司・ファミリーマート社長
▶▶Part1 外食・コンビニの転機
知られざる25兆円市場の全貌
現場が商売に集中できる環境を
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内