有料会員限定

除去食に追われる学校給食の試行錯誤 クラスに1人はアレルギーという現状

印刷
A
A
おおわだ保育園の給食では食の体験を重視し、フグやマツタケも出す。ゼロ歳児も同じメニューを離乳食にして食べる(撮影:梅谷秀司)

特集「花粉症・アレルギーに克つ」の他の記事を読む

「いただきます!」

おおわだ保育園(大阪府門真市)では、11時半を過ぎると年齢別のクラスごとに給食の時間が始まる。ゼロ歳児から5歳児まで全員、同じメニューを食べる。離乳食も例外ではない。

園児192人のうち、食物アレルギーがある子は1割程度いる。しかしアレルギーの原因食物を取り除いた「除去食」を食べる子は一人もいない。それもそのはず。おおわだ保育園は卵、牛乳、小麦をいっさい使わない「なかよし給食」を実施している。除去食を用意する必要がないのだ。

「卵と牛乳、小麦、ナッツ、ごまを使わなければ、ほぼ100%の園児が同じものを食べられる」とおおわだ保育園の馬場睦代園長は笑う。たまに使うツナなどへのアレルギーがある園児には除去で対応するが、回数はごく限られるという。

なかよし給食は6年前から開始したが、最初は試行錯誤の連続だった。ハンバーグには卵やパン粉が使えないため、豆腐やジャガイモで代用する。調理は委託から直営へ切り替え、材料購入から手掛けるようになった。不安な食材があれば、小児科医に相談してから献立に組み入れる。すべての園児はお代わり自由で、残食率も低い。「保育士や調理師は誤食に注意する必要がなくなり、給食の場で緊張することはなくなった」(馬場園長)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
花粉症・アレルギーに克つ
誤った使用法が蔓延、自己判断は禁物
食物アレルギーの確実な診断法
自己注射薬エピペンをつねに持ち歩く
クラスに1人はアレルギーという現状
除去から「なるべく早く食べる」へ大転換
▶▶Part3 子どものアレルギー
実はアレルギーではないことが多い
せきから移行、発症ピークは40~50代
花粉症の人は体質的に要注意!
アレルギー疾患対策基本法でどう変わる?
▶▶Part2 大人のアレルギー
[INTERVIEW]免疫学の権威・坂口志文
マスク、メガネ、コートなど…
効果の多くは思い込みかもしれない
[INTERVIEW]慶応大教授・渡辺賢治
新品種やカビの力で花粉を抑制する検討も
6年ぶりに新薬も登場、眠くならない商品も
ごはんと一緒に花粉を食べる画期的治療法
▶▶Part1 花粉症/根治も夢じゃない
花粉症・アレルギーに克つ
最新療法で、もはや完治も夢ではない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内