花粉症・アレルギーに克つ 最新療法で、もはや完治も夢ではない!

印刷
A
A

日本人の2人に1人はアレルギー疾患。抜本的な治療法をどう確立すべきか。ステロイド、アナフィラキシーから民間療法まで、玉石混淆の情報の見極めも重要だ。

(本誌:山川清弘、前田佳子、中原美絵子)

東日本は例年並みだが、西日本はかなりきつくなりそう──。気象庁や気象予報会社の今シーズンの花粉飛散予想だ。

ウェザーニューズによると、花粉飛散傾向は都内近郊はじめ東日本がおおむね前年並みから2〜3倍だが、西日本は前年比4~7倍以上と多い(記事下図表4)。現在はスギ花粉が多く、4月以降はヒノキ花粉が飛散のピークを迎える。

花粉症を含むアレルギー性鼻炎の患者は増加している。医療機関の診察を受けていない、あるいは自分がアレルギー疾患だと気付いていない場合も多い。ダニなどハウスダストがアレルゲン(アレルギーの原因)である通年性アレルギー性鼻炎を合わせると、日本人のおよそ2人に1人が花粉症にかかっていると推定される(リウマチ・アレルギー対策委員会の報告書、図表1)。

会社を長期間休むケースは少ないだろうが、診察のための通院や薬局への来店で勤務時間が削られる。勤務中も目がかゆい、鼻水が止まらないなどで仕事に支障の出ることがある。労働時間や生産性の損失から、国内のアレルギー性鼻炎患者による経済損失が年間約4.4兆円に上るとの試算もある(図表2)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
花粉症・アレルギーに克つ
誤った使用法が蔓延、自己判断は禁物
食物アレルギーの確実な診断法
自己注射薬エピペンをつねに持ち歩く
クラスに1人はアレルギーという現状
除去から「なるべく早く食べる」へ大転換
▶▶Part3 子どものアレルギー
実はアレルギーではないことが多い
せきから移行、発症ピークは40~50代
花粉症の人は体質的に要注意!
アレルギー疾患対策基本法でどう変わる?
▶▶Part2 大人のアレルギー
[INTERVIEW]免疫学の権威・坂口志文
マスク、メガネ、コートなど…
効果の多くは思い込みかもしれない
[INTERVIEW]慶応大教授・渡辺賢治
新品種やカビの力で花粉を抑制する検討も
6年ぶりに新薬も登場、眠くならない商品も
ごはんと一緒に花粉を食べる画期的治療法
▶▶Part1 花粉症/根治も夢じゃない
花粉症・アレルギーに克つ
最新療法で、もはや完治も夢ではない!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内