有料会員限定

患者の7割が原因不明のじんましん 実はアレルギーではないことが多い

印刷
A
A
イラスト:浜畠かのう

特集「花粉症・アレルギーに克つ」の他の記事を読む

東京都在住の酒井亮平さん(仮名)は、夜になると決まって足首から太ももまでの強いかゆみに襲われる。20代の頃、関西へ転勤した直後に発症。病院で血液検査をしたが、食物などによるアレルギー症状ではないと診断された。診断結果は、原因がわからないじんましん。それ以来8年間、毎晩薬を飲むことで発症を抑えている。

酒井さんのように原因が明らかでないじんましんは、「特発性のじんましん」に分類される。じんましんを発症すると、多くの人が「どの食物が原因だろうか」と、アレルギー性のじんましんを疑うかもしれない。だが実際は、じんましん患者の約7割が特発性で、アレルギー性のじんましん患者は少ない。

(出所)広島大学医学部皮膚科の秀道広医師への取材を基に本誌作成

特発性の中でも、発症後1カ月以内のものを急性じんましん、1カ月以上続くものを慢性じんましんと呼ぶ。多くの患者は1カ月以内で自然と症状が治まるが、1カ月を超え、慢性になると治りづらくなる。

酒井さんも治療が長期にわたり、薬を飲み続けることによる副作用が出ることを心配している。何とか原因を突き止め早く治したいと、ストレス環境や睡眠、食生活の改善に取り組むが効果がない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
花粉症・アレルギーに克つ
誤った使用法が蔓延、自己判断は禁物
食物アレルギーの確実な診断法
自己注射薬エピペンをつねに持ち歩く
クラスに1人はアレルギーという現状
除去から「なるべく早く食べる」へ大転換
▶▶Part3 子どものアレルギー
実はアレルギーではないことが多い
せきから移行、発症ピークは40~50代
花粉症の人は体質的に要注意!
アレルギー疾患対策基本法でどう変わる?
▶▶Part2 大人のアレルギー
[INTERVIEW]免疫学の権威・坂口志文
マスク、メガネ、コートなど…
効果の多くは思い込みかもしれない
[INTERVIEW]慶応大教授・渡辺賢治
新品種やカビの力で花粉を抑制する検討も
6年ぶりに新薬も登場、眠くならない商品も
ごはんと一緒に花粉を食べる画期的治療法
▶▶Part1 花粉症/根治も夢じゃない
花粉症・アレルギーに克つ
最新療法で、もはや完治も夢ではない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内