有料会員限定

放置すると怖い大人のぜんそく せきから移行、発症ピークは40~50代

印刷
A
A
ぜんそくを発症すると薬が手放せない

特集「花粉症・アレルギーに克つ」の他の記事を読む

昨年1月、会社員の酒井雅彦さん(仮名・51)は風邪をひいた。夜になるとせき込んだりたんが絡んだり、よく眠れない日が続いていた。とはいえ、日中はそれほど症状がひどくなかったため、「そのうち治るだろう」とやり過ごしていた。

ある日の明け方、息苦しくて目を覚ますとせきが止まらなくなった。「せきの合間に息を吸おうとしてもうまく吸えず、胸のあたりからヒューヒューと嫌な音がする。これはただごとではないと怖くなった」(酒井さん)。

翌朝、近所の内科クリニックを受診して検査すると、気管支ぜんそくと診断された。「ぜんそくは子どもの病気だと思っていたから驚いた」。今でもぜんそく薬を1日2回使い続けている。

ぜんそくはダニやホコリなどを原因(アレルゲン)として、呼吸困難やせきなどの症状を引き起こす。一方で成人のぜんそくの場合、アレルゲンとは関係なく発症する人が多い。遺伝との関係性が薄く、生活環境やストレスなど社会的な要因で突然発症すると考えられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
花粉症・アレルギーに克つ
誤った使用法が蔓延、自己判断は禁物
食物アレルギーの確実な診断法
自己注射薬エピペンをつねに持ち歩く
クラスに1人はアレルギーという現状
除去から「なるべく早く食べる」へ大転換
▶▶Part3 子どものアレルギー
実はアレルギーではないことが多い
せきから移行、発症ピークは40~50代
花粉症の人は体質的に要注意!
アレルギー疾患対策基本法でどう変わる?
▶▶Part2 大人のアレルギー
[INTERVIEW]免疫学の権威・坂口志文
マスク、メガネ、コートなど…
効果の多くは思い込みかもしれない
[INTERVIEW]慶応大教授・渡辺賢治
新品種やカビの力で花粉を抑制する検討も
6年ぶりに新薬も登場、眠くならない商品も
ごはんと一緒に花粉を食べる画期的治療法
▶▶Part1 花粉症/根治も夢じゃない
花粉症・アレルギーに克つ
最新療法で、もはや完治も夢ではない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内