有料会員限定

花粉症患者のための最先端対策ツール マスク、メガネ、コートなど…

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

憂鬱な季節がまたやってきた。だが今の時代、医薬品だけでなくさまざまなツールが花粉症患者をサポートしてくれる。見逃す手はない。

花粉対策コートは洗える時代に

2009年から花粉対策コートの取り扱いを開始した紳士服大手のAOKI。室内に花粉を持ち込ませないことをコンセプトに商品開発を続けてきた。

花粉コートの肝は生地表面にある。過去のモデルでは、繊維表面に付着させた抗アレル物質剤で花粉アレル物質を包み込んだり、撥水(はっすい)加工を施すことで花粉がつきにくくかつ落ちにくい(体内に入りにくい)構造にしてきた。

「花粉の飛散量にも左右されるが、年々機能性を強化し商品供給量を増やしている」(同社)。9年目となる17年モデルには、洗える機能を追加した。

紳士服業界全体では昨今、洗えるスーツ(ウォッシャブルスーツ)が人気商品となっており、その機能を花粉対策コートにも導入した形だ。

生地には「ポランシールド」を採用。花粉が生地につく原因となる静電気を抑えるほか、ナノテクノロジー加工により糸と糸のすき間を小さくし、表面の凹凸をなくして花粉を付着しにくくしている。後ろ身ごろの裏地の中に収納できる仕様のため、コートについた花粉が室内で飛散することも防ぐことができる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
花粉症・アレルギーに克つ
誤った使用法が蔓延、自己判断は禁物
食物アレルギーの確実な診断法
自己注射薬エピペンをつねに持ち歩く
クラスに1人はアレルギーという現状
除去から「なるべく早く食べる」へ大転換
▶▶Part3 子どものアレルギー
実はアレルギーではないことが多い
せきから移行、発症ピークは40~50代
花粉症の人は体質的に要注意!
アレルギー疾患対策基本法でどう変わる?
▶▶Part2 大人のアレルギー
[INTERVIEW]免疫学の権威・坂口志文
マスク、メガネ、コートなど…
効果の多くは思い込みかもしれない
[INTERVIEW]慶応大教授・渡辺賢治
新品種やカビの力で花粉を抑制する検討も
6年ぶりに新薬も登場、眠くならない商品も
ごはんと一緒に花粉を食べる画期的治療法
▶▶Part1 花粉症/根治も夢じゃない
花粉症・アレルギーに克つ
最新療法で、もはや完治も夢ではない!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内