マイホームが「負動産」になる 持ち家が危ない 空き家、高齢化、みんなが住まいで悩んでいる

印刷
A
A

東京近郊でも深刻な空き家問題。今後、持ち家は、子の世代の「負」動産になりかねない。それは戸建てもマンションも同じだ。

(本誌:福田 淳、高見和也、富田頌子、筑紫祐二、真城愛弓)

[ポイント1]
日本の住宅は今や7戸に1戸が空き家。全国に820万戸あるとされている(2013年、総務省)。33年には3戸に1戸が空き家になるとの推計もある

[ポイント2]
こうした空き家は郊外に限らず東京都心でも増えている。買い手も借り手もつかず、固定資産税や修繕費ばかりがかさむ持ち家は不動産ならぬ「負動産」だ

[ポイント3]
マンションでは経年とともに修繕積立金が上がることが多く、住民の高齢化や相続を機に滞納問題が深刻化するおそれがある。いつか必要な解体費も重荷だ

 

「夢のマイホームを手に入れた!」──。

戸建て住宅やマンションを購入したとき、多くの人は喜びをかみしめ、明るい未来を描く。

だが時を経て状況が変わってくると、その持ち家が一転して“悩みの種”になる可能性がある。

東京駅まで電車で50分、埼玉県東部のベッドタウンで生活する50代男性が本音を漏らす。「人口減少は地方都市の問題だと思っていた。自分がいま住んでいる東京近郊には関係ないはずだと。しかし、それは間違っていた。最近、家の周りに空き家が増えていて、とても不安だ」。

今まであまり気にしなかったが、空き家が増えているという報道を見てから、近所に注意を向けてみると、至る所に空き屋を発見して驚いたという。

その一方で、近所に引っ越してくる住民もいた。ただその人たちは、以前周囲に住んでいた、都内に通勤するサラリーマン層とは違っている。引っ越してきてもあいさつはなく、近隣住民に配慮する習慣を身に付けていないようなのだ。

空き家の増加には放火など治安悪化の懸念が付きまとう。いま自分が住んでいる家の周辺環境が、今後どう変わっていくのか。「心配で仕方がない」と語るこの男性は、引っ越しを真剣に考えているという。

東京郊外の住宅街がジャングル化

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
持ち家が危ない
全国270駅マンション価格
東京郊外都市、勝者・立川vs.敗者・八王子
3大都市圏の人口1万人以上の市区町村
エリアの色分け進む「立地適正化計画」の衝撃
維持修繕コスト高、経年後は中古市場で敬遠も
割安で見た目がおしゃれでも購入前にチェック
欠陥を見つけたときの対処法のポイントは?
いつか必ずくる解体、老朽化にどう対処する?
▶▶Part2 マンションの悩み/管理組合
早めの売却が有利? 実家の空き家をどうする
埼玉県川越市、従来の住民と新住民の軋轢も
住宅ローンの返済をやっと終えたのに...
▶▶Part1 戸建ての惨状/開発団地の今
「負動産」問題2/保育園不足に修繕積立金…
「負動産」問題1/東京都心でも広がる空き家
75歳以上がこれから急増するのは東京圏
マイホームが「負動産」になる 持ち家が危ない
空き家、高齢化、みんなが住まいで悩んでいる
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内