有料会員限定

リノベマンションの失敗物件を見分けるコツ 割安で見た目がおしゃれでも購入前にチェック

印刷
A
A

リノベマンションが売れているという。リノベーション、つまり専有部分の内装をきれいにリフォームした中古マンションのことだ。

確かに新築に比べて割安で、おしゃれな内装の物件もあったりする。しかし最近は、リフォームが中途半端な「なんちゃってリノベーション」が横行し、トラブルが頻発している。

住宅診断を行っているさくら事務所の現場実例を紹介しよう。

このままではカビや木部の腐りの温床となってしまう

特集「持ち家が危ない」の他の記事を読む

上の写真は神奈川県のリノベーション済みマンションの天井裏。ユニットバス排気のためのダクトが、なぜかつながっていない。このままではお風呂に入るたびに、湿った暖かい空気が天井裏に充満する。カビやシロアリ、木部の腐りなどの温床となってしまう。工事の完了確認などの基本動作を怠らなければこうしたミスは防げたはずだ。

接続部の締めが甘い。少しずつなので発見の遅れも

上の写真も同じく神奈川県で「リノベーション済み」として販売されていたマンション。排水管の接続部の締めが甘い。少しずつ漏水するこのようなケースは発見が遅れるため、たちが悪い。目に見えてわかるような状態になるには一定の時間がかかるが、その間、床下は水浸しで建物を傷め、せっかくのリノベーションも台なしになる。別のリフォーム済み物件では、所有者の子どもがぜんそくに悩まされていた。原因は床下の漏水からくるカビだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
持ち家が危ない
全国270駅マンション価格
東京郊外都市、勝者・立川vs.敗者・八王子
3大都市圏の人口1万人以上の市区町村
エリアの色分け進む「立地適正化計画」の衝撃
維持修繕コスト高、経年後は中古市場で敬遠も
割安で見た目がおしゃれでも購入前にチェック
欠陥を見つけたときの対処法のポイントは?
いつか必ずくる解体、老朽化にどう対処する?
▶▶Part2 マンションの悩み/管理組合
早めの売却が有利? 実家の空き家をどうする
埼玉県川越市、従来の住民と新住民の軋轢も
住宅ローンの返済をやっと終えたのに...
▶▶Part1 戸建ての惨状/開発団地の今
「負動産」問題2/保育園不足に修繕積立金…
「負動産」問題1/東京都心でも広がる空き家
75歳以上がこれから急増するのは東京圏
マイホームが「負動産」になる 持ち家が危ない
空き家、高齢化、みんなが住まいで悩んでいる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内