有料会員限定

都市郊外に戸建てを構えた団塊世代の悲哀 住宅ローンの返済をやっと終えたのに...

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

「俺はもともと仕事一筋。定年退職した後は、妻への罪滅ぼしで、あちこち旅行もした。だが、たくさんあったと思っていた退職金も心細くなってきた。子どもたちはみんな独立した。夫婦だけではこの家は大きすぎる。売却して都心の小さなマンションでも買おうと思って不動産屋に行ったのだが、全然売れないんだよ」

ため息交じりにそう話すのは、神奈川県横須賀市内の戸建て住宅に住む私の知人だ。団塊世代に属し、モーレツサラリーマンで鳴らした人。リタイア生活を楽しんでいるように見えたが、先日久しぶりにお会いしたところ元気がなかった。

彼が住んでいるのは、1980年代に開発されたニュータウン。当時はあこがれの住宅地として人気を博したが、現在は住民の高齢化が著しく、空き家もちらほら目につくようになった。中古住宅にはほとんど買い手がいないという。

16年で人口3割減。広い家を持て余しているのか…

特集「持ち家が危ない」の他の記事を読む

首都圏の郊外でも街の孤立化が起きる

埼玉県比企郡鳩山町。東武東上線高坂駅からバスで10分ほどのところに、70〜90年代に分譲された鳩山ニュータウンがある。日本新都市開発(2003年に特別清算)が開発した、埼玉県を代表するニュータウンだ。90年代に売り出された松韻坂地区は1億円を超える分譲価格がついて話題になった。ただし、東京・大手町などの都心に出るには、バスや乗り換えを含め約1時間半かかる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
持ち家が危ない
全国270駅マンション価格
東京郊外都市、勝者・立川vs.敗者・八王子
3大都市圏の人口1万人以上の市区町村
エリアの色分け進む「立地適正化計画」の衝撃
維持修繕コスト高、経年後は中古市場で敬遠も
割安で見た目がおしゃれでも購入前にチェック
欠陥を見つけたときの対処法のポイントは?
いつか必ずくる解体、老朽化にどう対処する?
▶▶Part2 マンションの悩み/管理組合
早めの売却が有利? 実家の空き家をどうする
埼玉県川越市、従来の住民と新住民の軋轢も
住宅ローンの返済をやっと終えたのに...
▶▶Part1 戸建ての惨状/開発団地の今
「負動産」問題2/保育園不足に修繕積立金…
「負動産」問題1/東京都心でも広がる空き家
75歳以上がこれから急増するのは東京圏
マイホームが「負動産」になる 持ち家が危ない
空き家、高齢化、みんなが住まいで悩んでいる
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内