火花散らす「新2強」、6つの指標で商社比較 ▶▶Part1 両雄が激突する「新局面」

印刷
A
A

商社業界を長年リードしてきた三菱商事と三井物産。だが、伊藤忠商事の猛烈な追い上げで、勢力図が大きく変わろうとしている。「新・2強時代」は定着するのか。

(本誌:大西富士男、又吉龍吾、木皮透庸、菊地悠人、秦 卓弥、井下健悟)

[ポイント1]
これまで総合商社の2強といえば三菱商事と三井物産の財閥系2社だった。だが両社とも2014年後半からの資源価格急落で初の連結最終赤字に転落

[ポイント2]
その間隙を縫って15年度の純利益で業界トップに躍り出たのが「非資源ナンバーワン商社」を掲げる伊藤忠商事だ。16年度中間期もその座を堅持した

[ポイント3]
中国で強固なネットワークを形成しついに首位に上り詰めた伊藤忠。だが今年8月からの石炭価格急騰で、業界の盟主・三菱商事の巻き返しが始まっている

 

「長年変わらないままであった財閥系商社優位の地図を塗り替え、新たに伊藤忠、三菱の商社2強時代が始まっています」

大手商社5社の中間決算が出そろった今年11月4日、伊藤忠商事のイントラネットには、各社の業績概況とともに、岡藤正広社長のこんなメッセージが記された。

総合商社業界で2強といえば、これまでは三菱商事と三井物産の財閥系2社が絶対の組み合わせだった。両社は「組織の三菱」、「人の三井」と称され、収益力でもつねに1位と2位を分け合ってきた。そこに勢いづいて割り込んできたのが伊藤忠である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱商事 vs. 伊藤忠
大胆予測!! これが未来の商社再編図だ
前期に赤字転落した三菱・三井が早くも復活か
[INTERVIEW]三井物産・安永竜夫社長
互いの販売力に期待、思いは微妙にすれ違う
[INTERVIEW]ファーストリテイリング柳井正会長兼社長
伊藤忠の中枢は繊維部門出身のトロイカ体制
トップインタビュー CITIC 常振明
▶▶Part2 総合商社の「真の実力」
5大商社の就職者数は慶應大学が毎年トップ
コンビニ以外でもいろんな業種で火花が散る
ファミマへの出資で鈴木元会長の逆鱗に触れる
三菱商事・ローソンvs.伊藤忠・ファミマ
[INTERVIEW]三菱商事・垣内威彦社長
[INTERVIEW]伊藤忠商事・岡藤正広社長
火花散らす「新2強」、6つの指標で商社比較
▶▶Part1 両雄が激突する「新局面」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内